ANKER SoundBuds Slimをレビューする!

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(deme19800124)です。

昨年の4月に台湾企業の日本人一人目サラリーマンとして転職してはや一年。

人は少し増えましたが、いまだにオフィスがありません。

疫病が大変なことになっており、さんざん自粛をしていましたが、ついに外出する機会ができることになりました。

となると、本社とのミーティングを外で受ける機会が出てきます。

そのために、プラントロニクスの「Voyager Legend」を買っていたんです。

で、これはこれで使えいたのですが、購入して立った二か月でやらかしてしまいました。

専用の充電USBケーブルがいくら探しても出てこなくなってしまったんです。これだから専用電源コードは嫌いなんだ。

専用の電源ケーブルを購入することも悩みましたが、悩みがないわけではありません。片耳しか使えないので、通常の音楽を聴くには全く向いてなかったんです。やっぱり音楽聞くイヤホンと、電話・ウェブ会議をするイヤホンマイクは一緒にしたい。

メインイヤホンのこちらは音はすこぶるいいのですが、マイクがゴミです。

ということで新しく普段は音楽を聴きつつ、ウェブ会議にも使える手ごろなイヤホンマイクが欲しいなということで、「ANKER SoundBuds Slim」を購入してみました。こちらのレビューを指定と思います。

スポンサーリンク

「ANKER SoundBuds Slim」はスリムでコンパクトなすっきりイヤホン

Slimの名を関している通りとってもスリムでコンパクトな箱に入っていました。

とってもおしゃれ。

明けるとこんな感じです。この価格にもかかわらずイヤホンポーチまでついていました。

ほかにはマニュアルとイヤーピース。イヤーピース全部で12個かな?なかなかの多さです。

普通のカナルタイプと耳にフィット感のある角の生えたタイプ。でめさんはこの角型イヤーピースのほうがフィット感が高くていいなと思いました。

そしてBluetooth5.0規格の接続性もとっても良いと感じました。だいぶ離れてもスムーズに聞こえます。

「ANKER SoundBuds Slim」 の音質は1,000円中華ブランド以下の貧弱イヤホン

でめさん一度1,000円の中華Bluetoothイヤホンを買ったことがあり、 「ANKER SoundBuds Slim」は音だけならそれ以下でした。

ホワイトノイズはほとんどなかったので、ここは安物とは全然違います。

が、音が悪すぎ。

びっくりですよ。

100%売りに行っているアフィリエイトブログでは「いいとは言えないがこの価格なら」的なニュアンスで書いてあった記事を見ましたが、「何言ってんの?」です。

低音がスッカスカ。ここまで低音が出ないカナル型イヤホンはそうそうないです。

それでいて、中音域の伸びもなく、高音域も耳障りという絶妙な音のバランスでした。

なお、二曲しか聞いていません。

「これ以上、無理!」というがっかり感に打ちひしがれていました。

曲はおろか、お話メインのYouTubeですら、聞くに堪えないレベル。

たまに飛行機で渡されるカナル型ステレオイヤホンレベルです。

改善版らしいですけど、何が改善されてるのやら。。。

さすがに、言いすぎかな?いや、恐ろしくがっかりしたということが伝わればそれでいいと思います。

でめさんがランニングに使っているこの「Soundcore Liberty Neo」は音はフラットでどの音もそこそこ音は伸びてて、「この価格帯の分離型ワイヤレスイヤホンとしては考えられないくらイイ!」って思ったほど、なのになぜここまで、、、というレベルです。

でめさん、ANKERオーディオすごい!と思ってたんですけど、完全にアンカー神話が崩壊した瞬間でした

ということで、本当に申し訳ないですが、メインの目的だったマイク性能を試すこともなく、視界から消し去ることにしました。

「The安物買いの銭失い」でしたが、同じわだちを踏む方がいないことを祈ってるよ!というお話でした。

*顔出しでYouTube始めました。よろしければお立ち寄り&チャンネル登録お願いします。*

コクヨ(KOKUYO)のオフィスチェア「エントリー(entry)」をレビューする!

*よろしければこちらもお立ち寄りください。これもバランスよくてお勧めできます。*

コメント