ランニング用にANKERの「Soundcore Liberty Neo」使っているのでオススメする

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。

私、メインのイヤホンはこちらを使っています。

このイヤホンはレビューでも書いてた通り、ノイズキャンセリングに期待をしすぎた、通話が使い物にならないという思いはあるものの、普通にイヤホンとしてはメインの座につけるくらいには使い続けています。バッテリーの持ちがかなり長いのが嬉しい。

ただ、流石にランニング用途にはネックバンド式は使い物になりません。

ランニングには楽天お買い物マラソンのついでに試しで買ったイヤホンを使っていました。


これは流石に安かろう悪かろうで、ノイズが乗るけど、音楽流せば気にならないし、イヤーピースがダメですぐ外れるのも手持ちのイヤーピース入れ替えたら十分使えるレベルにだったんで、まぁいいかなと思って使い続けていました。

しかし、でめさん本気でランニングをしていろんな走り方をした結果、使い物にならない事態になったのです。それは、このイヤホンではバッテリーが全然持たないこと。90分くらいで切れる時もあれば、2時間はぜったに持たないのです。ちょっと準備運動などをして走っていると、ゆっくりスタミナ練習だ!って時は2時間くらいは使ってしまうのでこれでは話にならない!

そして、安いものはやっぱり行けたないところもたくさんある!ということで悩みに悩んで購入をしたのは「Soundcore Liberty Neo」です。このブルートゥースイヤホンを使ってかれこれ2ヶ月以上使い続けたので、レビュー記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

「Soundcore Liberty Neo」を選んだ理由

この選択はものすごく悩みました。

メインのイヤホンがあるからそんなにお金をかけたくない、ただ、安物買いの銭失いにはなりたくないというところ。そして、ランニング用なのでやっぱりコードは邪魔!ということで完全分離を狙いました。

この工場再生品のソニーの完全ワイヤレスもかなり魅力的だったんですが、ノイズキャンセリングいらないし!と。イヤホンはオーディオテクニカやBOSEも調べたのですが、お高いものばかり。

そんなこんなでたどり着いたのがANKERの「Soundcore Liberty Neo」だったというわけです。

ANKERというブランドはモバイルバッテリーで本当にいい位置を築き上げましたよね。

そして、完全分離型で5,500円(購入当時)というプライシング。バランスいいなと思ったのです。

このサウンドピーツとかいうブランドもいろんなブログなどで取り上げられているのですが、どう見ても中華の怪しいノーブランド製品でも同じ製品が出ているので、イマイチこれで行こう!という気にはなれませんでした。

それだけブランドイメージって大事。ANKERがどれだけのものかはわからないし、そもそも、音響機器ブランドとしては全く無名もいいところなのですが、それでも1,000円くらいなら安心料かなと思わせるANKERさんすごいなと思います。ということで、このANKERの「Soundcore Liberty Neo」の使い勝手をお伝えします。

「Soundcore Liberty Neo」はランニング用途としては非の打ち所がないと思う!

ということで、想像以上によかったです。

ケースも結構おしゃれ。なお、楽天で購入しましたが、アマゾンさんから送られてきました。どういう感じの流通になってるか気になります。

バッテリー内蔵のケース。こちらで充電をします。充電せずともイヤホン単体で5時間を表示しています。今の所、最大で3時間程度しか使っていませんが、バッテリー切れの経験はありません。

5時間持つならフルマラソンでも使えるのかな。いつかチャレンジしてみたいです。

付属物はこんな感じです。

ケースはプラスチックですが、思ったより安っぽさもありませんでした。

とくに「EarWing」と名付けられたイヤホン周辺パーツがいい感じなのです。

この猫耳みたいになっているパーツ。これがサイズ違いで3種類ほどあり、耳にひっかける形でよりフィット感をよくするのです。

はじめの1.5ヶ月ほどはこのパーツを使わずに走っていて、なくてもそこまで困ることはありませんでしたが、つけたらよりフィットする!そんな感じです。

具体的には10km走っていて、一回フィット感を直していたのが一回も触らなくなった感じ。

何れにしてもイヤーピースと本体の作りでだいぶいい感じのフィット感でありつつも、この子を使うことを完璧とすら言えるフィット感になるのです。

重さ自体も5gくらいでしょうか、少なくとも20km走った限りは問題はありません。

ランニングにはものすごく適していると思います。

そして、何より優れていると感じるのはBluetoothの接続がとてもいい。

例えばスタバなどで使っている時、ソニーのWI-1000Xなどはちょいちょい再接続の挙動が走るのですが、「Soundcore Liberty Neo」はほとんど途切れません。

あくまでもランニング用で使っているものの全然ふだん使いでもいける感じです。

音質もかなりフラットな音が出ているので、でめさんは好きな音質。

低音強調系のイヤホンは嫌いなのですが、この「Soundcore Liberty Neo」は特にいじっていないのが好印象。すごーく細かく聞いてみたら中音域が少し曇るような気がしないでもないですが、まぁきになるレベルではありません。

この価格でこの作りランニング用途でしたら、「Soundcore Liberty Neo」絶対に間違い無いと言い切れます。ランニング用のブルートゥースイヤホン悩んでいる方がいらっしゃいましたら、「Soundcore Liberty Neo」いいと思うよ!というお話でした。

こういうガジェットをあまり躊躇せずに買えるようになっているのは楽天ポイントをこちらでちょいちょいいい感じに貯めてるからだったりしますので、よろしければお立ち寄りください。

コメント