【2019年版】キャンプを始めるならロゴスのテント・どれがイイ!?

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。
2019年の1月に入りロゴスのテントのラインナップも気づいたらだいぶ変わっておりました。ということで、2019年にファミリーキャンプを始める人向けにロゴスのテントはどれがよさそうか!?
検討内容をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ファミリーキャンプをしっかり続ける、鉄板テントならコレ!「neos シビックドーム・XL-AG」

でめさんが一番好きなドーム型テントで前室が広めなテントです。
neosシリーズという中堅どころの商品なので、耐久性も申し分はないでしょう。
この前室が広めなテント+横からの出入り口は本当に便利。
リビングは別にタープを用意する必要はありますが、テントの出入り口にレジャーシートで土間スペースを作ることができますし、ベンチを全室においておけば、荷物置き場としても十分に機能します。


でめさんが使っているテントは廃番になってしまいましたが、しばらくはこの形のテントは生き残るであろう、鉄板テント。物持ちの良さなども含め、まず、ファミリーキャンプをやるなら、このテントが一押しです。
https://ana-mileage-shoes.net/logosrosytent2

ファミリーキャンプを始めるけど、初期費用は少しでも安く!ならコチラ。「ROSY ドゥーブルXL-AI」

コスパは高く27,000円で広々前室の快適なテントが手に貼ります。
ROSYシリーズなので、エントリーモデルにはなりますが、初めてのテントであれば、このシリーズでも特に不便はないのではないかと思います。
「ROSY ドゥーブルXL-AI」は「EZスリーブ構造」で組立て簡単フレームを通すスリーブの片側を袋状に。リングピンを通す作業が不要になり、組立てが容易に行えるという触れ込み。このスリーブがいずれ敗れそうな気はしますが、設営もそこまではつらくはなさそうです。いま、でめさんが安く始めるならこの「ROSY ドゥーブルXL-AI」かなと思います。

ロゴス(LOGOS) ROSY ドゥーブルXL-AI 71805052

ロゴス(LOGOS) ROSY ドゥーブルXL-AI 71805052

24,798円(09/24 22:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

でめさんが一番気になる欲しいテントは「グランベーシック Tepee 520-AH」

ワンポールテントにもかかわらず前室スペースもちょっとある、ちょっと変わった形のテントです。8万円以上の価格となるため、万人にお勧めするようなテントではありません。でめさんはこの形の独特な感じと、高さのあるワンポールテントの魅力に取りつかれているのです。
幸か不幸か、メインテントがなかなかな壊れませんので、まだまだ買い替えには至りませんが、このテントが欲しい。お友達ファミリーがオガワキャンバルのグロッケを買って、幸せそうなのところからも大いに影響は受けていると思います。

残念ながら終息品になっちゃいましたね。売れなかったのかな。

【2019年版】キャンプを始めるならロゴスのテント・どれがイイ!?のまとめ

ロゴスは2019年にかなり大胆にテントのラインナップを変えてきました。ちょっと、飛び道具的なものもありますが、よさげなものはよさげ。そして安い!というテントもあれば、一癖あり!な特徴的なものも多いロゴスのテント。
でめさんは引き続きロゴスを愛する人、ロゴサーとしてキャンパーライフを送っていくと思います。というお話でした。
*よろしければこちらもお立ち寄りください*
https://ana-mileage-shoes.net/osusumerosy
https://ana-mileage-shoes.net/post-795

コメント