ORIHICA(オリヒカ)の「まともな」スーツが15,000円未満でお得にお安く買えるのでお伝えしたい。

本当に安く買えるORIHICA(オリヒカ)のスーツの買い方をまとめてみました。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

皆さんスーツは何着くらいお持ちでしょうか?私は典型的サラリーマンなので基本スーツのお仕事です。スリーシーズン4着、冬4着位で毎年回しています。

スーツは毎日着ますので、結構飽きたり、よれたりもするので、シーズンあたり2着買い足したりしています。

そんな感じで、スーツは結構買っているサラリーマンだと思うのですが、私は絶対的ORIHICA(オリヒカ)派です。今回はORIHICA(オリヒカ)のスーツを最もお得に購入する方法をまとめてみたいと思います。

f:id:demekingyobachi:20170115112602j:plain

スポンサーリンク

ORIHICA(オリヒカ) の概要

ORIHICA(オリヒカ)はいわゆるツープラ系のスーツ屋さんです。

青山のスーツカンパニー、コナカのスーツセレクト、はるやまのパーフェクトスーツファクトリーと同じ位置づけなアオキ系のつーぷら系スーツ屋さんですね。

あの手の量販店スーツ屋さんは毛嫌いしてる人も多いかと思いますが、やはり大量にスーツを作ってるだけあって品質自体のバランスは悪くないと思います。

なお、アオキ、青山、コナカ、はるやまは結構お高くユナイテッドアローズのグリーンレーベルや、セレクトショップ系のアウトレットのと大差はありません。

なにより、ツープラ系ではない、メインのスーツ屋さんでは、デザインが野暮ったいものが多いので、安くスーツを買うなら、ツープラだと思います。

ちなみに、ツープラ系と書きましたが、「ツープラ」とはツープライスの略です。ツープライス言うくらいなので基本的に二種類の価格が設定されてます。最近は更に差別化するためかオリヒカですと基本3プライスになってますね。

18,000円、28,000円、38,000円でしょうか。

一部旗艦店や一部のこだわりスーツだともうちょっと高いスーツもあるとは思いますが基本はこの4つ。

私は28,000円のラインを愛用しています。ウール100%って訳にはいかないですが、18,000円と比べると明らかに柔らかい生地でストレッチも効きます。

それ以上になると、縫製が台場仕立てだったり、REDA生地を始めとした良い生地を使っていたりしますが、ここは、こだわりの世界ですね。

よくあるマーケティング的な話ですが、松竹梅であれば、竹的なものが一番力はいるボリュームゾーンになるので、一番選びやすいということもあるんじゃないでしょうか。記事はメジャーではないけれども、十分いいものだと思っています。

何より、スーツはサイズ感が命だと思っており、このサイズ感がしっくりくれば、いい!と思いますが、ORIHICA(オリヒカ)の場合は異常に細い作りではないですし、比較的トラディショナルというか、英国スーツよりなイメージでデザイン的にも、私が好きなデザインが多いように思えます。水泳をやっていたせいもありますが、肩幅がそこそこあって、胴回りをシェイプしている形としては既製服だとイギリス系が合うのかなって勝手に思っている次第です。

ORIHICA(オリヒカ)のスーツを具体的に最もお安く買える買い方をお伝えしたい

と、いうことで本題ですが、条件が限られて来ますが結論、次の三つを併用することで、2017年1月時点では最も安く買えました。

  • 店頭セール
  • 誕生日特典
  • 株主優待券

ORIHICA(オリヒカ)における店頭セール

2017年1月15日時点では29,800円のスーツがこの価格になってました。一着あたり17,500円です。すでに十分お安い価格設定になってます。

f:id:demekingyobachi:20170115113352j:plain

ORIHICA(オリヒカ)での誕生日月特典でさらに10%OFF

私は1月生まれなので更に誕生日割引が10%OFFになります。ここで大事なことは他の「割引券・割引特典との併用が可能」とのこと!これはうれしいですね。

単純に割引クーポンが誕生日にくると思っておきましょう。

これで1着当たり17,500×90%=15,750円

ORIHICA(オリヒカ)青木コーポレーションの株主優待券でさらに20%OFF

f:id:demekingyobachi:20170115120406j:plain

アオキ・ORIHICAの株主優待券を用意しましょう。ヤフオクで簡単に入手できます。私は株主なので手元に常に株主優待券があります(この優待券は譲渡の禁止条項はないので、遠慮なく譲渡することに問題がないこともありがたいですね。)

ということで、こちらで20% OFF。

これ、超重要事項なのですが、「割引券・割引特典との併用が1枚限り可能」なのです。結果、最終的な一着当たりの購入金額は以下のようになります。

15,750×80%=12,600円

これで12,600円。ブルックスブラザーズ等の百貨店系のブランドや、ビームスなどのセレクトショップの安くないラインのお店のネクタイと変わらない値段で「まともな」っスーツが買えるのです。裾直しや消費税を入れても15,000円にはなりませんネ。

「まともな」というところが大事です。

典型的サラリーマン的には靴やコートはある程度お金をかけないと満足できませんが、今のところ、スーツはORIHICA(オリヒカ)のこちらのラインで満足です。

世の中、安かろう悪かろうなものもあふれてます。

ORIHICA(オリヒカ)推しの私も一番安い18,000円のスーツや革靴は基本的に安かろう、悪かろうだと思います。このやり方だと、18,000円のラインのスーツは10,000円も切りますが、残念ながら「まともな」スーツではありません。生地と縫製が硬くてとにかく動きづらいので、着ればわかります。まったく動けないとかではないですし普段スーツではない人がとにかく安く買う、試しに買ってみるのは良いと思います。

私は買った上で絶対に推せないと思って書いています。

いかがでしたでしょうか。ORIHICA(オリヒカ)はオリコンのスーツ屋さんランキングでも顧客満足度のトップをとるほどに、一般的には人気のあるスーツ屋さんだと思います。私も納得ができるのは、このコスパによる部分もあるのではないでしょうか。

誕生日割引はちょっと運もあって、一番安い時期に買えない方もいらっしゃいますが、この手のお店はしょっちゅう割引セールのようなものをやっているので、十分お安く買えるタイミングも多いのではないかと思います。

ORIHICA(オリヒカ)は変に細身なデザインではなく、イギリス系のべたなスーツなデザインなので、20代~50代まで幅広く使えると思いますよ。

なお、株主は株主優待券が年間10枚も送られてきます。確実にそこまで使い切らないので、ほしい方がいらっしゃったら、先着で差し上げますので、TwitterのDMでもくださいませ。というお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください*

秋冬用のスーツがそろそろ欲しくなる時期ですよね。私の愛用のスーツブランドであるオリヒカでももっともコスパ的に優れるであろう買い方をご紹介しま...

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

コメント

  1. 久保田 より:

    アオキの割引券は今でも頂けますか?

    • demekingyobachi@yahoo.co.jp より:

      >>久保田さま
      お立ち寄りいただきありがとうございます!
      はい、余ってるので、さしあげますよー。
      ツイッターのDMなどで、ご住所いただけるとありがたいですっ。