スタンスミスの廉価版?アディダス「バルクリーン2 」を評価・レビューする

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。

私でめさん、仕事用の革靴は5年ほど前からだいぶ気にしながら生きてきています。

しかしながら、土・日の過ごし方はほぼ子供と過ごすということもあり、動きやすさ命。

そして、お金もあまりないので、やすさも大事!という生き方になっております。

そんなでめさんがもっともヘビーに履いているスニーカーがアディダスの廉価シリーズとなる、アディダスネオレーベルの「バルクリーン2(VALCLEAN2)」のレビューをお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

まさにスタンスミスの廉価版なデザインな「バルクリーン2」

「バルクリーン2(VALCLEAN2)」は「アディダスネオ」というアディダスのブランドラインで販売をしているスニーカーです。

adidas neo(アディダス ネオ)は自らのスタイルや流行に敏感な若い世代を中心とする人々に向けて、最新トレンドを反映したスポーツカジュアルスタイルを提案するレーベル。

公式的にはこんな感じで紹介をされているレーベルになります。

2019年4月7日時点での公式オンラインストアにおける「バルクリーン2」の展開は4色です。

  • ホワイトxホワイト「B74685」
  • ホワイトxグリーン「F99251」
  • ホワイトxネイビー「F99252」
  • ブラックxブラック「F99253」

となります。ホワイトxグリーンやホワイトxネイビーなんていうのはスタンスミスのど定番という感じではないでしょうか。

こんな感じの4色展開です。

サイドのスリーストライプスもパンチング加工されている感じがちょっとスタンスミスっぽいですよね。スタンスミスのパンチングとバルクリーン2のパンチングはだいぶ違います。

また、スタンスミスは基本的には天然皮革をアッパーに使っていますが、バルクリーン2は「シンセティックレザー」という合皮が使われます。布地に、ウレタンやナイロンといった樹脂をコーティングした素材なので、通気性の悪さや、経年劣化をした際にどうにもならなくなるくらいボロボロになるという弱点がある分、価格はお安め。

グレーベースのバルクリーン2「AW4643」

バルクリーン2の紹介をしてきましたが、でめさんが愛用しているバルクリーン2はカレコレ2年ほど前になるでしょうか、ビクトリアでセール販売していた時に買ったグレーのバルクリーン2になります。

  • ちょっと通気性がいまいちかもしれない。
  • 経年劣化はよく見ればどうしても見えてきてしまう。

この二点がネガティブなポイントにはなりますが、お値段を考えると何も問題ないなと思う次第です。

通気性については経年劣化は割と進みやすく、はいて三か月くらいで割れてきました。

合皮だからやむなしでしょうか。

汚れの方が目立つかなというくらいですが、3年持てばまぁ、OKという感じ。

スタンススミスの革のアッパーのほうがもちろん好きではありますが、仕事の靴にお金は変えていきたいと考えるとこの選択肢あり!だと思います。

オールブラックのスニーカー選択肢にもなる、アディダス「バルクリーン2 」。

安いなりに安いですが、割り切って買うにはお勧めできるなと思う!というお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください*

ビジネスでオールブラックスニーカーはありか!?候補の靴を調べてみた!
お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。 最近気になっているビジネスファッションがあるのです。それは、オールブラックスニーカーを普通に履くサラリーマンはありや、なしや!?ということ。 ...
スポンサーリンク
靴や服
スポンサーリンク
でめさんをフォローする
でめさんのANAとマイルと革靴と

コメント