キャンプでのたき火のための「薪」の種類(広葉樹・針葉樹)をポチってみた


お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。
11月末というそれなりに冷え込んだ時期にとくに電化製品もストーブ関連の製品も使わずに、通常のキャンプを行うという一年ぶり2回目の挑戦に伴い、「薪」について、改めて考えなおしたので、報告をしたいと思います。

スポンサーリンク

「薪」の種類(広葉樹・針葉樹)とは?

でめさんが薪を買ったことがあるのはキャンプ場とホームセンター。薪の種類の違いなんか考えたこともなかったです。一束500円なり、1,000円なりで売っている。それが薪というもののイメージでした。
さて、二つの写真を見比べてください。

二つとも、薪ですよね。ソレ以外の何物でもありません。
ただ、この二つには違いがあるのです。

「薪」の種類(広葉樹・針葉樹)の特徴とは

地理の授業ぐらいでしか習わなかった広葉樹・針葉樹。薪の世界ではだいぶ語られているようです。
薪を購入するヘビーユーザとなると、主には薪ストーブなどを利用している方向けかもしれません。


でめさんのようなゆるめのファミリーキャンパーは薪ストーブなんて言うものはとてもではないですが、持っていませんので、あくまで焚火をするための燃料として利用したいと思います。
結論、特徴は以下の2行で世の中の薪好きさんの間では語られています。
広葉樹は火が付きづらいけど、長く燃えてくれる、針葉樹は火は付きやすいけれども燃え尽きるのも早いというのうがおおざっぱな特徴です。
ココからさらに広葉樹の樹木の種類、針葉樹の樹木の種類が分かれてくるのですが、焚火の薪でそこまで深く考える必要はないでしょう。薪マニアになってしまいます。
先ほどの写真は上が広葉樹、下が針葉樹でした。

トップに持ってきた、こちらの写真だと右が広葉樹、左が針葉樹になります。
広葉樹の薪には火をつけやすくするための細い薪がわざわざ入っているようです。親切ですね。

アマゾンで薪を購入するという選択

あくまでファミリーキャンパー的な視点です。大量消費者視点ではありません。
そんなでめさん、今回は、八ヶ岳通販さんの薪を購入しました。


お値段はそこそこします。キャンプ場やホームセンターで買っても値段はたいして違わないんじゃないかな?と思うくらい。むしろ高いかもしれないです。
ただ、キャンプ場やホームセンターでは広葉樹か針葉樹かなんて言う記載もありませんし、あっという間に燃え尽きちゃうことも多いので、このバランスを考えながら利用できるなら、amazonさんでの購入がいいと思うんです。

八ヶ岳通販はamazon配送だったから。

amazonさんの倉庫に在庫として送り付けておいて、発送元はamazonさんから発送されます。他にamazonさんで購入したいものとの合計金額が2,000円で送料無料になるamazonさん。マーケットプレイスと呼ばれる、お店から直接発送される仕組みと比べるとamazon配送は圧倒的に使いやすいなと思います。
amazonに在庫さえあれば翌日にはまず間違いなく届くきます。この「配送の確かさ」もでめさんとしてはamazon配送を推していくポイントになります。

八ヶ岳通販は80サイズ段ボール販売だったから。

収納と常に戦い続ける必要のある5人家族のでめさんは、薪にあまり大きなスペースをとることは許されないのです。
このため、120サイズや100サイズの段ボールは大きすぎる!80サイズの段ボールで販売されているのはちょうどいいと思ったのです。

まとまった量などであればこんなお店のもいいのですが、ちょっと量が多すぎるかなと。


今までのキャンプで「薪」の種類は一切気にかけずたき火を楽しんできていました。
さらなるファミリーキャンプの楽しみの一つに、広葉樹と針葉樹の比較をしながらの焚火というランクアップも狙っていきたいと思っています。実際に使用してみた結果のレビューもぜひ進めていきたいと思いながら本日はここまでにいたします。
お立ち寄りありがとうございました。
*よろしければこちらもお立ち寄りください*
https://ana-mileage-shoes.net/takibidai

コメント