ANAアップグレードポイントの使い方をお伝えしたい!

ANAの上級会員になると付いてくるアップグレードポイント、いろいろ調べれば調べるほど、微妙だという事がわかってくると思いますので、一番いい使い方!をお伝えしたいと思います。

お立ち寄りありがとうございます。でめさんです。

ANAのアップグレードポイントはぱっと見とっても使いやすそうなんですが、いざ、普通の典型的サラリーマン・庶民が使おうとすると、実は全然使えない!と思ってしまうことになろうかと思います。がっかりする前に、出張族サラリーマン視点で、アップグレードポイントの使い方についてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

ANAのアップグレードポイントの使い道

アップグレードポイントを気にしている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。私の場合は、気づいたらプラチナメンバーになれる50,000プレミアムポイントを稼いだ翌年度からアップグレードポイントが20ポイント付与されて、使えるようになっていたというくらいには気にしていませんでした。

そんなアップグレードポイントについて、使い道は主に三つです。

  • 座席クラスのアップグレード(エコノミー→ビジネスorプレミアムなど)
  • 上級会員外のラウンジの利用
  • アップグレードポイントのANA SKYコインへの交換

この三つができるのですが、実際に使おうとするとかなり悩ましいんですね。

普通に考えたら、エコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードしたい!と思うのが一般的だと思いますが、そうは問屋が卸してはくれない事を解説します。

国際線の座席クラスのアップグレードは庶民には使えない!

前述の通り、私もまず国際線のアップグレードを思い浮かべました。

毎年、ドイツに行く用事があるのですが、会社からは当然エコノミークラスしか出してもらえません。そこでアップグレードして、ビジネスクラスを考えたんですよね。フランクフルトにしてもミュンヘンにしても12時間程のフライトのエコノミーはどっと疲れるのです。これが、ビジネスにできると思ってワクワクしてました。

このワクワクはがっかりになるのですが。

この必要な国際線の座席アップグレードポイントは以下の通りです。

ドイツ片道10アップグレードポイントなので、往復で20アップグレードポイントです。SFC修行のをしていると20アップグレードポイントがたまると思うので、まさに、「ちょうどいい!」ですね。

ということで、無事プラチナメンバーになったことだし、意気揚々と予約をしようとししたところ、今まで一切意識をしてこなったことですが、今年のドイツの航空券を抑える時に気づいてしまったわけです。ANA国際線における、「予約クラス」ってやつに。

具体的には予約画面を見ていただけるとわかりやすい。

エコノミーに二列ある!知ってましたか?私は知りませんでした。「Value」と「Basic Plus」っていう二行がありました。

で、「Basic Plus」ってやつじゃないとアップグレードポイントを使ったビジネスクラスへのアップグレードは出来ないんだってさ。

今まで国際線のエコノミークラスに種別が二つもあることなんか一切気にしたことなんかなかったよ?旅行会社のツアー使うことも多いし、個人で買うにも迷わず一番安い席にするに決まってるじゃないですか。20万円差をサラッとスルーしてくれるような節穴会社ではありません。

同じエコノミークラスなのに、片道10万円、往復20万円も差があるとか個人なら絶対に一番安いやつにしますし、国内線の出張ならともかく、海外出張は事前に綿密なスケジュールを立てて、フライトの時間はがちがちに決めるっていうものでしょう?

まぁ、ビジネスを買おうとしたら安いビジネスも片道25万円位とさらに10万円高くなりますんで、ビジネスクラスにあたりまえに乗る方だったら、使うのかもしれませんけど、典型的なサラリーマンには考えられない行動ですよね。

このアップグレードポイントを使って国際線の座席のアップグレードは、庶民にはできないということがよーくわかりました。

「ANAのケチ!」っていう思いよりもLCCとの戦いの結果の最安値が今の価格設定でしょうし、往復10万円程度でドイツくらいならいけるって思うと、がっかりはしたけどしょうがないよね!っていう思いです。

国際線アップグレードが使えない事はわかった、落とし所は国内線のアップグレードかANA SKYコインか

ということで、国際線のアップグレードポイントは使えないということがわかりました。

めったにない、同僚との同行の時にドヤるために、使うのはまったく生産性はありませんよね。SFCホルダー&家族会員なのでしばらくは子連れでもラウンジは使えます。

子供が三人いるので3歳以降は2ポイントを使ってラウンジに行くことも年に一回はあるかもしれませんが、それでもせいぜい使って2~4ポイント程度でしょう。

となると、国内線のアップグレードかANA SKYコインに変えるかという選択肢になるのですが、しばらく迷っておこうと思います。

結論ですが、国内線は4アップグレードポイントでプレミアムクラスへアップグレードができので、これが一番美味しいかなと。

ただ、たった1.5時間程度のフライトでプレミアム席+機内食が必要になることもなかなかなないだろうし、おなかがすいた、九州地方の出張帰りの時に席が空いてたらちょっと考えようかなと思いますけど、結局なんかもったいないとか思いながら、ANA SKYコインに変える決断をする自分が浮かんでいましたが、実際にプレミアムクラスに乗ったら、文字通り、雲上人気分を味わえました。

国内線プレミアムクラスっていう、贅沢がどの程度のものかを体感をしたことを書いてみました。 お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん...
ANA国内線最大のビジネス路線である羽田ー伊丹のプレミアムクラスアップグレードができたので夕食のプレミアムGOZENの感想とともに、喜びを綴...

ただしこの使い方は単身で出張が多い出張族サラリーマン向けかもしれません。

私の場合はマイラーさんブログなどでは旅作でプレエコの旅程を作って、アップグレードが推奨されたりしてますが、いくら安くてもプレエコの旅程にする予算なんか妻子まとめて5人まかなうのはちょっと無理!というくらいには貧乏です。

ただ、仕事で飛行機に乗らない方の場合は、マイラーでない、ある程度お金はかかりますが、旅行する時の足しにskyコインに変えるという選択肢が現実的かもしれませんね。

私の陸マイラーとしてのポリシーは飛行機代はマイルで!ホテル代はIHGポイントで!を貫き通したいと考えているので、今時点では旅作などの利用は考えられません。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。 一度はちゃんと書いておこうと思う内容なので、私なりにまとめておきます。 ...

ANAのポイントプログラムは、マイル、プレミアムポイント、アップグレードポイント、ANA SKYコインっていう形でいろいろあって、2年前はマイル位しか理解してなかった私ですが、今では自然に区別しています。

慣れって怖い。

中でも一番馴染みが薄いアップグレードポイントだと思いますが、いざ、使える!ってなった時に、私のような典型的サラリーマンががっかりする前に読んでもらえるとお役に立てるかな?と思ったというお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください*

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。 ありがたいことに当ブログには「革靴+ブログ」なんていう検索で多くの方が来ていた...
最近、ブロガーの皆様の中で何度か「SPGアメックスをもたない理由」という記事を拝見したので、私が貢ぐ先にしたIHGである理由を書いてみようと...
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする