「IHG・ANA・ホテルズ」「IHG」はどっちも公式サイトな話

本当にわかりづらい「IHG・ANA・ホテルズ」「IHG」はどっちも公式サイトになのですが、「どのような使い分けをすればいいの?」ということで、まとめて行きたいと思います。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

ロゴ?バナーもこんな感じでほぼ一緒です。

日本国内では「IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社」という会社がフランチャイズ展開をされています。もともと「全日空ホテル」として運営されていたホテルがブランディングが確立できずに不採算に陥ってIHGに身売りをしたような形です。

株式資本もIHG74%・全日空25%という形なので、ANAの名前が残っていることが不思議なくらい。日本国内の運営を考えるとANAという名前があった方がいいという判断でしょう。そんな別会社を日本人のプライドなのかはわかりませんが全く別形態で「IHGのグローバルサイト」と「IHG・ANA・ホテルズの公式サイト」が二つできているという、役所も真っ青な二重投資&無駄オペレーションをしており、その影響がユーザーである私たちにも及んでいるわけです。

IHGグループは世界3位のホテルグループ。ホテル会員プログラムや国内ホテルの利用のしやすさ、海外に行った時もだいたい使える便利さで私はIHGに偏ってホテルは利用をしています。

*会員プログラムなどの使いやすさなどはこちらをご参考にください*

2018年IHG修行をするゾ!と決めたので、IHGホテルの会員資格IHGRewardsClubと修行内容をまとめておきたいと思います。 ...

そんな背景を踏まえ、「IHGのグローバルサイト」と「IHG・ANA・ホテルズの公式サイト」の使い分け方をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

IHGの予約は比較検討した結果、基本的にはIHGのグローバルサイトを利用した方がいいと思う

IHGのホテルは比較的最低価格保証がしっかりしている点、また、ホテルの会員プログラムのレベルをあげるためには公式サイトからの予約が必要です。

「年に一回の家族旅行」くらいにしか使わないの出あれば、楽天トラベルあたりでポイント還元がいいと思いますが、私のような出張族でちょっといいホテル泊まりたい!という人にはこのホテルの会員プログラム便利なんですよね。

IHGのゴールドメンバーのベネフィットってほとんどないと思っていたけど、いいこともあるよ!と思ったお話です。 お立ち寄りいただきありが...

チェックインの時の煩わしさがなかったり例えば午後一くらいの打ち合わせで、前入りして午前中はホテルでゆっくりテレビ会議+事務仕事なんて過ごし方レイトチェックアウトを利用して活用しています。海外のホテルでもとてもスムーズなので、私はIHG派という過ごし方でいいのかなと。SPGアメックスに年間31,000円もかけられるほど裕福ではないですしね。

そんなIHGのグローバルサイトがいいと思う理由は「ミスタリーベーツでキックバックを受けられるから」が最大の理由です。

IHG・SPG・ヒルトンなどの外資系ホテルを利用する方必見!キャッシュバックを受けられるMr.Rebates/ミスターリベーツを登録方法と合...

基本的にベストフレックス料金や、グローバルなセールの時は「IHGのグローバルサイト」と「IHG・ANA・ホテルズの公式サイト」どちらのサイトでも価格は大幅にはかわりません。

であれば、6%以上還元されるミスターリベーツを経由した方がお得!そこが一番の理由です。ついで、ポイント繁栄もグローバルサイトからの方が若干早い(気がする)というおまけもあるでしょうか。

そのくらい「IHGのグローバルサイト」と「IHG・ANA・ホテルズの公式サイト」に違いは大きくはないと思います。

国内のIHGホテルでスーパーフライヤーズカード(SFC)特典を使いたい時とボーナスポイントプランがある時は「IHG・ANA・ホテルズの公式サイト」を使う

上記の通り、基本的にはキックバックを狙ったミスターリベーツが一番お得だと思うのですが、「IHG・ANA・ホテルズの公式サイト」を使うべき時が2パターンだけあると思っています。

国内IHGホテルでスーパーフライヤーズカード(SFC)特典は「IHG・ANA・ホテルズの公式サイト」からの予約がスムーズ

ANAをたくさん乗ることになると申請ができるようになるスーパーフライヤーズカード特典の中に朝食無料サービス&宿泊割引があるんです。

ただ、これはこれでちょっと注意する必要があって、ヨコハマのインターコンチネンタルホテルや、大阪のインターコンチネンタルホテルなど一部のホテルでは対象外です。詳細はコチラの公式サイトのリストから確認をしてください。

また、この「朝食無料&宿泊割引」も一番安い価格で予約したものに対して適用されるわけではなく「ベストフレックス料金」という、キャンセル可能な料金をベースに10%OFF&朝食無料が付いてくるようなイメージなんですね。

ただただ、安く、キャンセル不可の予約をすると、そんなものは提供されません。

それでも優雅に朝食をホテルで取りたいという方には確かにお得な料金なので、余裕がある時は活用できるプランです。

ただ、こちらのプランについてはIHGのグローバルサイトの予約画面には出てこないんですね。そんな時にこちらの「IHG・ANA・ホテルズの公式サイト」を使う必要が出てきます。

各ホテルの独自ボーナスポイントプランや独自セールなどの国内施策を利用する時は「IHG・ANA・ホテルズの公式サイト」にしかない場合もある

IHGのボーナスポイントプランはIHGのホテル会員ランキングをあげるのに加算されるプランなので、効率よくIHGホテル会員のレベルをあげたい方には重宝されます。ただ、このボーナスポイントプランが「IHGのグローバルサイト」と「IHG・ANA・ホテルズの公式サイト」から予約をしないとどうしようもない時というのがあるんです。

これは、「ボーナスポイントをお金で買うこともやむなし!」という判断をするくらいにIHGにぞっこんな方だと思います。

ただ、一番お得に安く泊まりたい!という時も「IHGのグローバルサイト」と「IHG・ANA・ホテルズの公式サイト」の金額が異なる時があるのです。

これはフランチャイズ展開をしていて、個別の施策を売っているのでやむを得ないのですが、それでも両方のサイトを行き来する必要はありますね。私は出張ベースでの利用がほとんどなので、ホテルによってはディナープランだとか、周辺施設との連携プランなども楽天トラベルよろしくやっている場合もありますので、そういうプランを利用したい時も「IHG・ANA・ホテルズの公式サイト」の予約になろうと思います。

まとめ

なんだかんだ書きましたが「IHGのグローバルサイト」と「IHG・ANA・ホテルズの公式サイト」は大した違いはありません。

であれば「ミスターリベーツを利用するのが一番お得なんじゃないかな?」というのが私の結論ではありますが、国内ホテルの見つけやすさなどはもしかしたら「IHG・ANA・ホテルズの公式サイト」が上という方もいるかもしれませんね。

一円でもお得に!という方はひたすら見比べ、お金より手軽さを取りたい方は方はどちらかに結果検討するコストなどを考えると、統一したほうがいいかもしれません。ほんとにわかりづらいですが、国内IHGホテルの公式は2つあるというお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください*

最近、ブロガーの皆様の中で何度か「SPGアメックスをもたない理由」という記事を拝見したので、私が貢ぐ先にしたIHGである理由を書いてみようと...

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする