10年前のCPU!A8-3870Kの使い勝手と+GTX660で楽しむフォートナイト

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。

あいも変わらずフォートナイトばかりしています。いつまで立っても勝てるようにはなれないのですが、自作パソコン4台とノートパソコン1台を駆使しながら色んな所で遊べるようにしています。

そんなことをやっているとお金がかかる。OS代だけでも8万円です。

ということでハードウェアは少しでも安く上げたいのでグラフィックボードは中古を利用中。

なかでも月一程度でやる機会のある実家用のPCここには本当にお金をかけられないということで、中古は愚か、貰い物を使うことにしました。

貰い物はCPU:AMD A8-3870K、メモリ:8GB DDR3、マザーボード:ASRock A75 Pro4-M

2011年に発表されたCPUです。当時13,980円のCPU。ほぼ同スペックとされるCore i5-2400が17,000円くらいだったので、コスパに優れたCPUとして販売されていたのだと思います。

TDP100Wというのが最大のネックかなと思われるCPUです。

そんな10年前のCPU/マザーボードとGTX660でどこまで使えるパソコンになるのか?ということをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

A8-3870K PC の構成を伝えたい

古いパソコン、弱いパソコンも含めて考えるときに使えるのはCinebenchよりもPASS Markのスコアのほうがわかりやすいかなと思います。

僕の手持ちの最弱PCはCore i3-8130U のスコアがこちら。

そうとう弱そう。。。

一方すごく遅くて手放したマウスコンピュータのノートパソコンに積まれていたCPUは Celeron N3150。そちらになるとこのスコアです。

N3150は本当に使い物にならなかった、Core i3-8130Uは十分使えると考えている中で、ちょうど真ん中くらいのスペックのCPU、メモリ、マザーをもらえたのでちょうど良いと思った次第です。

ちなみに、A8-3870K、K付きということでオーバークロックもできるようです。とはいえ定格100WのCPUをオーバークロックするとかやりたくないので、

ケースはSTYX、CPUクーラーは家に買うだけ買って使っていなかったMasterAir G200Pを使って構成してみました。

貰い物、かつ古かったこともあり、グラフィックボードを何度か抜き差ししたらPCI-Eスロットにクラックが入っていたりしましたが、無事使えました。ノイズとかに弱くなるのかもしれないけど、とりあえず大丈夫な感じです。

電源は手持ちの玄人志向、ストレージは13年前くらいのノートパソコンに入っていた160GBの2.5inch HDD で構築しています。

A8-3870K PCの使い勝手を伝えたい

そんな環境で動かした結論はこちら。

HDDが遅くてしんどい。。。です。

つまり、CPUは全然問題ないHDDへのアクセスがあるために持ったりすることにストレスが掛かるという状態になりました。インストールのときは放置したので意識してなかったのですが、起動にまさかの10分もかかるとは、、、。

しばらくSSDしか使ってなかったから忘れた感覚です。

ということで購入したのはこちらです。

この2,200円をケチったのでまたWindowsセットアップをする事になりました。

HDDを起動ドライブにする人なんて、令和には流石にいないでしょうけど、お気をつけください。

そしてフォートナイトを動かした結果。手元にあったDDR3-8GBのメモリも余っていたので足して16GBにしました。

GTX660/A8-3870/Performance mode/1080p,720p and 1080p with 60fps/Fortnite Season7/フレームレートテスト

無制限にするとCPU使用率がほぼ100%に張り付きますが80-100fps程度でプレイができています。また、60fpsに固定をすればCPU使用率も70%以下。144fps環境は全く厳しいですが、60fpsでとりあえず遊ぶなら十分です。

144fps環境が一番良い環境でこの環境にもなれてきたので、60fpsだとちょっと物足りなさ自体はありますが、楽しく遊ぶには十分。

CPU/マザー/メモリはただで貰ったということを考えれば十分です。

もちろん、最新ゲームをしっかりやるにはきついでしょうが、普通にブラウジング+フォートナイトをライトに楽しむぐらいであれば、2011年のCPU、A8-3870K有用だと思ったよ!というお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください*

コメント