激安自作PC用ATX電源 Ichi Power 250B を購入した

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。

事務所用にフォートナイト用兼動画編集用で、パソコンを置いています。

自宅はこのRAIJINTEKのパソコンケースを使い、リストラされた Versa H18 という激安パソコンケースを利用中。

Thermaltake Versa H18 ミニタワー型PCケース CS7097 CA-1J4-00S1WN-00

Thermaltake Versa H18 ミニタワー型PCケース CS7097 CA-1J4-00S1WN-00

3,109円(09/20 11:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

事務所のデスクは結構広々なので、このようなおっきめな自作PCケースをデスク上における環境なのはありがたい。

そんな中致命的な問題が発生していたんです。

パソコン電源の異音問題。ファンの音ではなく、PCに電源が入っていなくても「チュミミーン」という音がなり続けているのです。流石にまずいなと感じつつ、電源を買い換えることにしました。

とはいえ、お金が全く無いので、できるだけ安く、できるだけ安くを意識して購入したアイテムがこちらです。

サイズ ATX電源 Ichi Power 250Rev.B 250W IP250B

サイズ ATX電源 Ichi Power 250Rev.B 250W IP250B

2,641円(09/20 21:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

3,000円弱の激安ATX電源。こちらの感想をお伝えします。

よかったら最後まで読んでいただいた後にあります、YouTubeもお立ち寄りください。

スポンサーリンク

Ichi Power 250の250W電源は要注意

価格.com最安のATX電源です。250Wしか対応していません。そこはまだいいんですが、更に、12V電源の制限が156Wしかないんです。こんな感じの表記なんです。

つまり、CPU電源とメインの24pinの電源で156Wしか12Vで撮れないということ。古いパソコンでTDP105WCPUを使いつつ、補助電源なしのグラボ載せたら多分動かないです。

ペリフェラル電源から12Vを取ることも期待できません。というか12V流れないんじゃないかな。

異音を発生させていた電源の表記はこんな感じです。

普通はこうなっていますが、このIchiPower250は12Vがすごい少ないのは要注意です。

僕の場合はAthlon3000Gとオンボードグラフィックスで運用しているので、こちらで十分です。

Athlon3000Gもなかなか値上がりをしていますね。このCPUでもフォートナイト60fpsでほぼ常用できていますが、込み入った戦闘になるとちょっともたつく気配はありますので、どうせならRyzen3400Gあたりが欲しいです。

Ryzenのオンボードグラフィックス軽いゲームならガチ勢じゃなければ十分使えるので、このIchiPower250Bの貧弱な12Vの容量でも十分遊べるとは言えるでしょう。

Ichi Power 250Bはどこまでうるさいのか?

口コミがすごいです。

うるさい、うるさい、と。

まぁ、どの電源のレビューを見てもファンレスなどでなければ一定の割合でうるさいと書かれているので、自分で聞いてみなきゃわからないなということで確認しました。

結果はこちらです。

左がIchiPower250B、右が高周波音を流す今までの電源です。

数値上全然ちがう!

電源直下の部分だから差がより大きいところではあるのでしょうか。

明らかに数値が大きくなりました。

ただ、実際にパソコンの前で作業をしている場合はケースファンもありますし、CPUファンも回りますので、全然気になりません。数値的には50dbA代前半くらいです。

まぁ、そんな感じかなという程度。静かな事務所な感じですね。

比較すると、高周波音を出す、Enhanceという今まで使っていた電源のほうが明らかにNGです。

そして、電源OFF時には全く音がならなくなったので、音の面では交換して大正解だと思っています。(電源OFF時に異音がなる電源がおかしいんですけどね。)

とはいえ、数値的にはうるさいということで、個人で使う静音性を求めるのであれば、セミファンレス電源など余裕を持って購入することがおすすめです。

個人的にはクーラーマスターが好きなのでこの辺がほしいところ。お金ないけど。

IchiPower250Bはコネクタも最小限

コネクタはメイン24pin,CPU補助電源1個、シリアルATA3個、ペリフェラル3個FDD1個です。

ケーブルも上記の通り、カラフルケーブルがバラバラな感じであります。

フラットケーブルがいいだの、モジュラーケーブルがいいだの色々言われましたが、ここ一年で自作パソコンを3台ほど組んでみた結果、電源なんて容量出て、ケーブルがしっかり刺さればええやんという事になりました。

モジュラータイプの自作電源である必要は個人的にはないなという結論。

なお、電源ユニット自体のオンオフボタンも省かれていますので、このあたりも気になる方は注意かもしれません。普通は入れっぱなしだと思いますが。

激安自作PC用ATX電源 Ichi Power 250B を購入したまとめ

このサイズのIchjPower250RevisionB、安かろう、悪かろうではあると思います。

確かにうるさいし、何より12Vが156Wなのは完全に罠。

ただ、普通に動いていますし、もともと、問題だった高周波も消えました。(当たり前)

ちゃんと仕様を理解していれば、個人的には安いから満足しているよというお話でした。

サイズ ATX電源 Ichi Power 250Rev.B 250W IP250B

サイズ ATX電源 Ichi Power 250Rev.B 250W IP250B

2,641円(09/20 21:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

*よろしければYouTubeもおたちよりください*

一番安いATX電源レビュー!サイズ社IchiPower250Bがどれだけ使えるものかレビューしたい

コメント