PCをはじめ、会社で使うものににアウトドア系ステッカーを貼ることの是非


アウトドア系ステッカー皆さん使っていらっしゃいますでしょうか。でめさんはつかっています。どうおもわれているかわからないけど。そんなPCをはじめ、会社で使うものににアウトドア系ステッカーを貼ることの是非について論じたいと思います。
お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。

スポンサーリンク

PCなどにステッカーを張る者の主張

PCにステッカーが貼られているというはよく見ると思います。スターバックスなどでドヤリングしている人なんて、半分以上そうなんじゃないかな?


Macようにこんなステッカーなんかも売っていますし。
でめさんは冒頭の通りlogosさんのステッカー張っています。理由は二点あります。

  • シールというのは人間の本能に訴えかけてくる魔法のようなのだから
  • 他者との差別化するためにステッカーというものは便利だから

こどものころ、いろいろなところーにシールを張って怒られた方、いらっしゃいますよね?今、子育てをしている方そこかしこにシールを張られたり、シールを買ってとねだられたりしますよね?そうなんです、シール、ステッカーというものは子供のころから好きになってしまうもの、つまり本能的に好きになってしまうものなのです。本能だからやむをえませんね。
ステッカーをパソコンなどに貼ると他の人との差別化にもつながります。パソコン本体はどちらかというと主張になってきますよね。でもACアダプタやVGAケーブルなどの付属品にこそステッカーを貼る意味があると思っています。でめさんの周りはMBAを持っている人が非常に多く誰のものかわからない、ACアダプタやVGAケーブルが転がっていたりすることがあります。この時にちゃんと、でめさんのものであるというアピールができるステッカーは便利だと思って使っている訳です。

PCなどにステッカーを貼ることをネガティブに見る人の考え方

  • いい年をした大人がシールなんてダサい
  • なんかシールべたべたと貼ってるのはおしゃれ気取り?

相反するところではありますが、こんな考え方が浮かびます。
まぁ、わからんでもないです。でめさんもそういう思いがない訳ではない。
でも、致命的ではないんですよね。
シールって、先ほども買いた通り、基本的に本能的に人間が好きなものだから、実はそこまでネガティブにとらえるものではないのではないかと思っています。でめさんが可能な限り客観的に考えると、スーツのサイジングが全くあっていないダボダボなものをきている一人は100倍くらいはましだと思うわけです。
また、二つ目のオシャレ気取りと思われるのは、むしろどんと来いなわけです。服装や靴に無頓着なのより全然いいんじゃないかなと。だってこういうのが好きだって言うだけですから。

PCをはじめ、会社で使うものににアウトドア系ステッカーを貼ることの是非のまとめ

結論「なしではない。むしろあり」がでめさんの答えです。

車にこんなステッカーを張っている車もよく見ます。
スノーピーク好きなんだなぁって思うわけです。パタゴニア好きなんだなぁって思うわけです。でめさんの感想は「ファミキャンパーからしたら、この人たちはブルジョワだな」と思うくらい。
2ch界隈あたりではやたらとアンチな人もいるのですが、実生活上、そこまでアンチに思う人ってごくごく、稀。2ch界隈あたりはそんな議論をあえてふっかけて遊ぶ場として遊んでいる人がほとんどでしょう。
そこまで極端なアンチさんだったら要は多様性、ダイバーシティが認められない、かわいそうな人なので、むしろお付き合いを避けたい。
打ち合わせで対面の人のPCに貼られたステッカーは確実に目が行きます。
これが、ベタベタとたくさん貼ってあるとどうしていいかわからないかもしれません。
でめさんの場合はロゴスのステッカーを一つ張っているだけなので、ここきっかけで話ができればもうけものです。
お仕事の場でプライベートを話すことはまず、ないですが、興味ある人でしたら、そこで話がふくらみますからね。話が膨らむ=距離が縮まる、お仕事的にはプラス効果しかないと言えるでしょう。興味がない人は逆に何もわからないので、何にもならないので、毒にも薬にもならないやつだと思います。
なので、結論「なしではない。むしろあり」がでめさんの答えなので、これからも続けていこうと思う。というお話でした。
ロゴスのステッカーはアマゾンなどでは見つけることができませんでした。でめさんはロゴスショップ吉祥寺店で300円でかなりのサイズのステッカーを買っていますというのもご参考うまで。
*よろしければこちらもお立ち寄りください*
https://ana-mileage-shoes.net/logoskichijoji

コメント