気になるTHE NORTH FACE(ザノースフェイス)のテントの評判とは?

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。
https://ana-mileage-shoes.net/monomax
先日書いた、こちらの記事でTHE NORTH FACE(ザノースフェイス)のテントが取り上げられていました。やたらと攻めたテントを出してきているなと思うお話を軽く書いたのですが、実際にファミリーキャンプで使うノースフェイスのテントはどんなテントが現実的か、評判と合わせて考えたいと思います。

スポンサーリンク

ファミリーキャンプ向けTHE NORTH FACE(ザノースフェイス)のテントはワオナ(WAWONA)シリーズ

ザノースフェイスさんは本気の山ブランド。国内ではアパレルにどっぷりという状況かと考えています。なので、ノースフェイスさんのテントはあまりファミリーキャンプ用のテントはラインナップされていなんですよね。
でも、でめさんは一度だけノースフェイスのファミリーキャンプ向け、テントを見たことがあります。昭島のアウトドアビレッジのノースフェイスのお店。そこにあったのは「ワオナ4」というテントでした


ワオナシリーズは「ワオナ4」と「ワオナ6」のふた通りのラインナップがあります。
アメリカのサイトだとこんな感じでの比較もされていますね。アメリカだとだいたい、300ドル(33,000円)、400ドル(44,000円)くらいでしょうか。
為替リスクなどを考えてもざっくり、1.5倍の販売価格が日本での価格になります。
ノースフェイスのお店にあったテントの存在感は非常に高く目立つ物ではあります。

黄色の派手な色あいのテント。ノースフェイスのテントはでめさんのキャンプ暦では使っている方を見たことがないので、目立つこと請け合いです。日本では口コミ数量もほとんどなく、両方とも合わせて3件の口コミしかありませんでした。
内容もやはりまり見ないのでとてもいい!といったコメントですね。
一方、アメリカのサイトの口コミはどうでしょうか?日本よりは「ワオナ6」も「ワオナ4」も口コミの数は多いです。
全19件。しかも星も4ポイント以上という状況です。
星1つの人は「ポールが折れたけど、保証なんか存在しない、ノースフェイスのマーケティングは嘘だらけだ!」といったコメントも残されています。フレームの太さが12mmは確かに細く、少し、華奢なフレームですね。
また、シングルウォールテントというのも気になります。高さがかなりあり、ベンチレーションもしっかりしているので大丈夫なのかもしれませんが、やはり結露はするのでは?と思います。また、雨に振られた時に本当に雨漏りがしないかも不安要素ですね。
この辺りのスペックで日本の販売価格の物を買うのはなかなか不安要素が残ります。この辺りは「THE NORTH FACE(ザノースフェイス)」というブランドををどこまで信じることができるのか?というのがポイントになるかなと思う、ワオナシリーズが唯一とも言えるファミリーキャンプ向けのテントではないかと思います。

2018年キャンプブームに乗って、日本企画のノースフェイスのテント「Geodome4(ジオドーム4)」


とっても気になったのはこちらのテント。まるっこい球型テントです。かっこいい。
こんなテントでファミリーキャンプをしていたら、注目の的になること請け合いですね。

サイズ感を見るとこん感じだそうです。ちょっと4人でのファミリーキャンプには窮屈すぎますんね。せいぜい3人までというところではないでしょうか。
完全に見た目のインパクト勝負で20万円。ちょっとでめさんのような@あまりお金はないけれども遊びたいが故のキャンプ」というキャンパーにはちょっと厳しいかもしれません。

フライフィートはワオナシリーズと同じくイエローで目立ちます。高さも2mを超える大きさなのでかなり遠くから黄色い丸い物体が確認できることでしょう。キャンプを愛するお金持ちさんも世の中にはたくさんいらっしゃるので、ぜひ、そんな方に持ってもらいたいと思います。


この記事書いたときはジオドーム4は楽天やアマゾンでは販売しておらず、こちらのゴールドウィンさんの公式サイトでしか売っていなかったですが、今はもう普通に通販で買えますね。

アパレルでも高級路線のイメージのザノースフェイス。テントもしっかり販売しています。
他の方とはなかなか被らないテントの一つの選択肢とし検討してもおもしろそうと思ったというお話でした。
*よろしければこちらもお立ち寄りください*

「MonoMax特別編集プロ直伝! キャンプ・アウトドア最強ワザ」気になる記事BEST5
お立ち寄り頂きありがとうございます。でめさんです。ふとコンビニ立ち寄ったらこんな雑誌が置いてありました。もうすぐゴールデンウィーク。2018年のシーズンインをする人を思いっきりターゲット主に広告宣伝をしたいメーカー側と、雑誌を売りたい出版社

コメント