ガチで検討!サラリーマンが個人でオフィスを用意できるのか!?

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。

テレワーク・在宅勤務が続いている2020年のGWのさなかに でめさんの「書斎部屋」を 小学校に上がった息子に明け渡してしまいました。

リビングの一角の凹んだスペースにワークデスクを置き、でめさんの職場はしばらくはこんなところになることになったのです。

ほとばしる生活感。

これだけ自粛してますから当然二人の小学生も一人の保育園児も在宅の中がっつり仕事をするわけです。在宅勤務、テレワーク、まぁ、働きづらい!とっても、とっても働きづらいのであります。

そんなわけで「自宅の近くに書斎が欲しい!もう、いっそのこと借りることはできないだろうか!?」という強く、強く思い、シミュレーションをしてみましたので、公開します。

スポンサーリンク

なぜ、個人でオフィスを用意する必要があるのか!?

間違いなく営業・企画職の働き方は変わる

2020年に働き方は間違いなく変わりました。今後も変わるでしょう。オフィスに行かず、客先にもいかずオンラインミーティングを行う機会は間違いなく増えます。

でめさんは転職してから一年以上ちゃんとしたオフィスはない働き方をしており、もはやオフィスなしが当たり前になっていましたが、お客様も今後はそのようになっていくことは容易に想像がつきます。

一般的な目的がしっかりとある、打ち合わせはオンラインでいいんですよね。

わざわざ一時間以上もかけて都心に行き、打ち合わせの合間にカフェで時間を調整するなんてことは確実に減っていくことでしょう。そう、今までの働き方に「無駄がある」と多くの人が気づいてしまったのです。

もちろん、実際のミーティングを否定するつもりは全くありませんが、会って打ち合わせをする「濃度」を上げ、基本的なすり合わせはオンラインになっていくのではないかと思います。少なくともでめさんはそのような機会が増えると思います。

カフェ・家ではどうしても問題が出てきてします

でめさんもカフェでメールチェックとかはしてしまいます。もちろん、ショルダーハッキングなどには気を付けてはいますが、、、。また、ミーティングもカフェでやるときはあります。

そもそも同僚が基本的に台湾なので時間によっては外にいるしかないこともありますからね。

そういったときは会話の内容気を付ける必要もあるし、カフェからちょっと出たら雑音がひどかったりもするんですよね。LTEでどこからでもテザリングができるようになりオンラインミーティングやりやすくなったといえどもできるだけ屋内、静かなところでやりたいです。

お家だと、子供が14時には帰ってくるので、9-14時しかまっとうに動けません。

在宅勤務に多くの方が切り替わりましたが、家族に中断されるという経験をしている人も多くいますよね。鍵をかけて書斎にこもっていても子供同士が喧嘩して仲裁をするなどのシチュエーションもざらに発生するのです。

やはり集中するのであれば、家はよい環境とは言えないでしょう。

それでも書斎さえあれば、何とかやりくりはできました。ただ、リビングの一角は本当にきつい。

もう、がっつり働かなければいけない立場、かつ子供もしっかり元気で間取りにまったく余裕がないでめさんは書斎を別に用意することで最大限の仕事の環境を用意したほうがいいと思うわけです!

賃貸アパートは23区外なら35,000円もあれば借りられる

とにもかくにも、賃貸アパートを借りることができるか?を考えました。

探してみると35,000円くらい用意ができれば十分なスペースが確保できる物件があるんですね。20分も自転車をこげば世田谷区になる調布市つつじが丘でも物件数は少ないながら、30,000円以下だって見つかりました。

35,000円出せれば都下なら物件は見つかりそうです。

でめさんの経験上一人暮らしでワンルーム、14㎡のマンションに暮らしていたことがありましたが、十分に暮らすことができました。15年以上前のことです。ミドルタワーのデスクトップパソコンやまだブラウン管テレビを使っていたのですが、手狭ではあるもの、普通に暮らすことはできたんですよね。

なので、テレワークスペース、書斎代わりとして使うのであれば14㎡以上あればでめさんは十分だと思います。ちなみに、エアコンはだいたいついていますが、要確認ですね。

一番お金的に気になりそうな部分は家賃だと思います。この35,000円を日々の生活費から、ひねり出すことができるかが!?がまず、本当に最低限必要な部分ではないかと思うわけです。

ちなみに、ある程度都市部では東京でなくても価格感はあまり変わらないように感じます。「広くなる」ことはあっても家賃自体が大幅に下がることは少ないなとスーモみて思いました。

具体的なイニシャルコスト・ランニングコストを試算してみた

ということで、具体的な費用をはじいてみました。

でめさん、本気で検討をしているので、コレの項目抜けてるよ!というものがありましたら、ツイッター @deme19800124 などで教えて頂けると幸いです。

項目価格備考
イニシャル
敷金35,000
礼金35,000
仲介手数料35,000
火災保険料20,000
家賃(前家賃含む)70,000
デスク10,000中古
デスクワゴン10,000中古
チェア30,000中古
マットレス7,000ニトリ
シーツ2,500ニトリ
枕(カバー含む)2,500ニトリ
カーテン3,000ニトリ
ケトル2,000
シーリングライト3,000
小計265,000
ランニング
家賃35,000
水道1,000
電気6,000
月額42000

初期費用300,000円、月額45,000円あればなんとかなる!気がしました。

そう、私でめさんは陸マイラー。不動産関連費用以外のイニシャルコストはポイントで支払うことが可能なはずなんです!

ホントはテザリングでなく回線が引きたい!とか専用のディスプレイや冷蔵庫が欲しい!などもありますが、最低限で上記の内容かなと思います。

オフィスチェアはそこそものを置きたい

チェアは絶対にまともなものが欲しいです。最低でもこのクラス。

最近のブログの記事を見て頂けるとわかりますが、恐ろしく椅子に取りつかれておりますので、もっといい椅子が欲しいため、予算は厚めにしております。

ベッド一式はあったほうがいいよね!?

今の自宅テレワークでは絶対にベッドで横になる時間を作っています。

と考えると、この個人書斎オフィスにもベット一式は必要!

ベッドフレームは別にいらないけど、薄いマットレスじゃなくてちゃんとしたコイルのマットレスと枕が必要なのであります。

この姿勢はつらい、回復しないわけです。

お湯が沸かせる環境も必須

この個人オフィスを考えるとガスは通すことは必須ではないでしょう。

でもお湯は欲しいですよね。

家ならヤカンでさらっと沸かしますが、 ガスがないなら、ケトルがあればいいじゃないとなるわけです。

コーヒーを入れるのと、カップラーメンを食すためにお湯は我慢できません。

冷蔵庫はさすがに我慢です。 本当に冷たい飲み物が欲しかったら キャンパーでもあるのでしっかりしたら小さめクーラーボックスをネタで買えばよいのです。

スノーピーク(snow peak) ソフトクーラー11 FP-111

スノーピーク(snow peak) ソフトクーラー11 FP-111

8,470円(06/06 03:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

ガチで検討!サラリーマンが個人でオフィスを用意ができるのか!?のまとめ

ということで、本気で検討している「でめさんのオフィス」(激安アパート)。

もちろん、おとこの隠れ家!的に使うことも想定しています。

趣味で YouTube に挑戦したいのですが、ナレーション入れとか家やオフィスじゃできないですからね。

妄想も楽しい、「ガチでオフィス検討!」。ステイホームのお遊びにいかがでしょう?というお話でした。

*オフィスなしで1年以上働いているでめさんのテレワーク関連記事よろしければこちらもお立ち寄りくださいませ*

コメント