IHGウェブサイトのシステム不具合時の回避策!それは電話!

IHGホテルの2018年1月〜4月のスピードアップキャンペーンが出てこなかったので、電話をしたらあっさり解決できて、IHGのシステム不具合はもう!ってなりました。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

こんな記事を書くくらいにはホテルはできるだけ、IHG派なのですが、IHGのシステム面のグズっぷりはものすごいです。

最近、ブロガーの皆様の中で何度か「SPGアメックスをもたない理由」という記事を拝見したので、私が貢ぐ先にしたIHGである理由を書いてみようと...

イギリスて靴とかスーツとか紳士なアイテムはそれなりに、いいものもあるイメージですけど、システムは一般的にグダグダですよね。まぁ、靴とかイメージだけかもしれない。

IT業界でイギリスのスタートアップとか、Goodなサービスとか製品とか聞いたことないし、お仕事上の知り合いのイギリス人も恐ろしいまでに適当だし。

そんなイギリスに本部を置くIHGグループなのでシステムの不具合は日常茶飯事です。本当に適当ですが、国内出張メインで動いていて、無料宿泊は海外で!と考えいる身としてはIHGが一番仕事で使いやすいですし、海外のホテルもとても良いのでこれからも、使い続けます。

そんな私が損をしないために、やらざるを得なくなった回避策を綴りたいと思います。

スポンサーリンク

機会損失をなくすためにはツイッターでの情報収集大事!

私はいわゆる陸マイラーいう活動をしており、同じ趣味の方々をツイッターでフォローをしまくっているんです。陸マイラーといえども、結局は飛行機が好きで飛行機をお得に乗るために活動をしている方が多く、その陸マイラーのフォロワーさんは、旅行好きの方にも繋がってりしてるんですよね。

結果300人近くフォローを旅行関係が好きな方を追いかけ続けていると、気づいたら、ツイッターのタイムラインをチラッと見るだけで、かなりリアルタイムにIHG系の情報が入ってくるんです。陸マイラーさんはSPG派な方が多いようですが、やり手の旅行好きブロガーさんはIHG、SPG、ヒルトン全て抑えていたりしますからね。

情報収集、発信が好きってだけではなく、ちゃんと宿泊、利用をしている方も多いので、とてもためになっています。

ある日、いろんな方が2018年1QのIHGキャンペーンが始まったよ!的なブログ記事が更新されてたりしたんですよね。

で、私が遭遇しているIHGのシステム不具合のうちの一つがこんなんなっていました。

  • キャンペーン情報が送られてこないし、ホームページのアカウント上にも出てこない

まったくキャンペーンに気づけない仕組み。なお、ホテルの予約などをするときにはちゃんと予約できたというメールが飛んでくる模様。

私は1月にすでにANAクラウンプラザホテルにお仕事で二回は宿泊することが決まっているのでスピードアップキャンペーンはしっかり抑えておきたかったんですが、一般的に展開されてから10日ほど立ってもなんの連絡もありゃしません。もちろんウェブサイトのアカウント上にもキャンペーン情報は出てきていません。

システム的に私の顧客データベースがぐずぐずになっていると想定しています。

他に体験したIHGのシステム不具合やTwitterで見た噂なども書いておこう。

私の場合はこんな不具合も出てました。

  • キャンペーン情報はホームページでは出てくるけど、ウェブから登録できない。(iPhone、Android、Mac、Windows、ブラウザ系8個でテスト)
  • インターコンチネンタルアンバサダーの更新ボタンを押しても更新ができない。
  • iPhoneのIHGアプリからだとログインすらできない。

こんな感じでしょうか。ツイッターで見た噂はこんなんでしょうか。

  • あらゆる端末ウェブサイトから登録をしようとしてmおインターコンチネンタルアンバサダーの登録画面に進まない
  • いきなり数万ポイントが消滅した

幸い私はポイントがつかないとか、いきなり数万ポイントが消滅するといった、被害レベルの不具合にあってはいないのですが、これらの不具合は間違いなく、IHGホテルグループのシステムは本当には使いずらいです。

ANA/IHGホテルズ公式とIHGグローバルサイトが分かれてるなんて可愛いもんです。

インターコンチネンタルアンバサダーのウィークエンド無料宿泊の予約をウェブサイトから行おうとするとインターコンチネンタルホテルのグローバルサイトから、ウィークエンド無料宿泊を追いかけてやっとの事でたどり着くことができるようなシステム。

ウェブ系のサービスを作っている日本企業の人が働いたら、発狂するようなシステムデザインとUIデザイン、プロジェクト進行が見て取れます。それでもなんとかなっちゃうんだから、日本人が過敏すぎるだけだと思うんですよね。だって、大抵の問題は回避ができるんです。

システム不具合に対する回避策、それは電話!

まぁ、単純なんですが、カスタマーサポートに電話をすることがおすすめです。

フォームからの問い合わせは高い確率で無視されます。というか、回答がきたためしがない。もしかしたら、それもシステム不具合でメールが先方に、飛んでいない可能性もあるんですけどね。(自動折り返しメールとかありそうなのに、飛んでこないし。)

IHGのカスタマーサポートに電話おするとものすごい片言の海外の方につながるので、日本的な対応を期待してはなりません。あくまでも要件を伝えてやってもらえればラッキー!と思う心構えがおすすめです。

今回はのキャンペーン登録についてのやりとりはこんな感じです。

「2018年1Qのキャンペーン始まったと思うんだけど始まっていますか?」

「はい、ハジまっています。おキャクサマのキャンペーントウロクをしておきマスね。」

というやりとりでおしまいです。

ちなみに、

「システム的にどう考えてもおかしいんですけどデータベースの確認はしていただけますか?」

「モウシワケナイデスおキャクサマ。ホカにゴヨウケンはありますか?」

と、質問内容を完全にスルーをして、電話を打ち切りに来るシステムでした。

過去、2〜3回電話をしていますが、みなさん同じくカタコト&早く切りたがる感じですので、おおらかな気持ちで対応しましょう

そして、このやりとりで電話を切って確認をしたら、無事キャンペーンが登録されていました。ちゃんとゴールには辿り着いているわけです。

結局ITに頼りすぎることなく、電話でなんとかするというIHGグループ。もっとまともなITマシステムを構築して顧客満足度をあげればもっとお客さんが来るとは思います。

ただ、今のままでも、ワールドワイドでほどほどの価格で、ある程度のサービスを受けることのできるIHG。あまりホテルが埋まりすぎても困っちゃいますし、システムがいくらぐずぐずだと思っても、私は使い続けますというお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください。*

最近、ブロガーの皆様の中で何度か「SPGアメックスをもたない理由」という記事を拝見したので、私が貢ぐ先にしたIHGである理由を書いてみようと...

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする