SONYノートパソコンVAIO VPCF23AJ を分解したお話

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。
2012年に購入してはや7年でめさんのメインPCは今は販売されていないソニーのロゴが残るVAIOのノートパソコンを利用しています。VPCF23AJという16型フルハイビジョン対応の当時としてはなかなか頑張っていたパソコン。
購入して7年でもまだまだ、現役で使えると思っているのですが、CPUファンの音がもう本当にうるさくてうるさくてしょうがないなと思っていたので、CPUグリスを塗り替えようとしたのです。
が!思いの外分解がしんどくて、情報もなかったので、VPCF23AJの分解の仕方を綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

SONYノートパソコンVAIO VPCF23AJのスペック

CPU:インテル Core i7-2760QM プロセッサー動作周波数 2.40GHz
(ターボ・ブースト利用時は最大3.50GHz)
メモリ:PC3-10600 8GB(4GB ×2)
ビデオカード:NVIDIA GeForce GT 540M GPU(VRAM1GB)
ストレージ:240GB SSD
というスペックです。
2012年発売のノートパソコンとしてはそれなりのスペックではないでしょうか?
こちらのベンチマークテストで4,000ポイント以上はでて、ゲームを行うのにも問題ないという評価はいただけるようなスペックです。ノートパソコンなのにGPUしっかり積んでいますからね。
もちろん、パワポやメールなどのお仕事やブログを書く、ネットサーフィンやYOUTUBEを嗜むくらいであれば全く問題はないスペックです。
ただし、CPUファンの音がめちゃめちゃうるさい。
ちょっと調べてみたらちょとした動画表示くらいでCPUの温度は80度を余裕で超えていく感じなんですよね。
あまりにもうるさいので、CPUのクロックを最大でも50%にしかならないように制御して、運用をしているレベルです。
それでも70度くらいだし、CPUファンもしっかりとうるさいなと思うくらいには回りつづけているのです。
ということでCPUグリスの塗り替えのためにVPCF23AJを分解して(裏蓋外して)CPUを触ってやろうと思ったのです。

SONYノートパソコンVAIO VPCF23AJの分解に想像以上に苦戦をした。

この現代社会インターネットで調べればノートパソコンの分解の仕方なんかすぐに出てくると思いました。
が!全然なかったのです。
VAIOを分解している動画やブログなどはそれなりに出てくるのですが、でめさんの2012年ものVAIO VPCF23AJ を分解している動画、ブログはもちろん、近しいモデルの情報も見つからなかったんですね。
最終的にはこの状態まで持っていくことができました。

正直「裏側にあるネジを全部外せば基盤なんて見えるでしょ?」くらいに思っていたのですが、甘かった。
分解慣れしているPC大好きさんならまだしも、でめさんのような一般サラリーマンは特に大きく2箇所つまづくところがあるかと思います。その辺をお伝えします。

VPCF23AJの分解第一歩全てのネジを外す

裏側です。
まずはじめに一番上にあるバッテリーを外しましょう。感電注意ですね。
左下のパネルの中にSSDが真ん中のパネルの裏にはメモリが入っています。
ここの部分のネジも外し、SSDもメモリも外しておくといいと思います。
普通に見えるネジを外しただけだと「VAIO VPCF23AJ」の裏蓋は外れません。
もちろん、バッテリー裏のネジや、SSDを止めているネジなども全部外しても外れないと思います。

でめさんが分解した時はネジは25個外れています。多分、裏側からアクセスできるネジをとりあえず外しただけだと21個なんじゃないかな?
残り4個はどこなのかをお伝えしたいと思います。

VPCF23AJには隠されたネジが一つある!

一つはこちらです。
フロントのSDカードスロットの横になにか黒い蓋のようなものがあるんですが、これが外れるんです。普通にやったくらいじゃ外れません、しっかり接着剤が使われていました。
見ての通り、怪しい!と思ってマイナスドライバーでこじった結果ちょっとキズつけてしまっているくらいには外れにくいです。
この裏に一つネジがあるんですよね。
ちなみに、どこぞのブログなどにはゴム足の下にネジが隠されているなんていう記事もみましたが、VPCF23AJのゴム足の下にネジはありませんでした。(無理やりゴム足を外したよ。。。)

VPCF23AJのDVDスロットの下にも平べったいネジがある!


このネジの写真の右側に三つ並んだ丸やつ!こいつがDVDスロットの裏っかわに隠されていたのです。超わかりにくい。

DVDスロットはこちらのソニーロゴの隣のネジを外せばすっと抜き取ることができるのですが、その下に隠されているネジなのです。すごい柔らかいネジなのでネジ頭を潰さないように気をつけましょう。

VPCF23AJで裏蓋を外す際のネジの種類は4種類

基本的には#1番のネジで全部外せます。

  • 小さいネジ3個(メモリの裏蓋x1、バッテリー裏x2)
  • 大きいネジ2個(ヒンジ用)
  • 丸いネジ3個(DVD裏)
  • 標準ネジ17個(その他大勢)

なおドライバーは絶対にマグネット付きのドライバーがあったほうがやりやすいです。

これらを外せはがパッと裏蓋が外せます。

SONYノートパソコンVAIO VPCF23AJの裏蓋を外した様子をお伝えしたい

ネジを全部はずしてDVDドライブ側から持ち上げる感じで外します。

基盤ですね。
40%くらいはDVDドライブとSSDスペースといった様相です。
電源周りが引くほど埃まみれでした。

CPUファンも当たり前に埃っぽい。

とりあえず、ざっとした埃についてはブロワーなりエアダスターなりで吹き飛ばしましょう。

SONYノートパソコンVAIO VPCF23AJ を分解したお話まとめ

ということで、分解するところまで本当に苦労したのですが、いけました。
特に書いた二つ

  • フロントの蓋で隠されたネジ
  • DVDドライブしたのネジ

これにたどり着くのに実は2日かかったのです。
1日目の夜に挑戦してすぐに開かなかったため諦め、2日目に挑戦して1時間ほど格闘して開けました。それなりに働いていて子供を三人育てているサラリーマンとしては夜中しかこんな産業は許されなかったのでしんどかったのです。
よろしければ動画にもしているので、ご参考に下さいませ。

これでCPUへのアクセスの目処が経ちました。
CPUグリスを塗り替えた効果もまたいつかブログにしたいと思います。
本日はここまで!お立ち寄りいただきありがとうございました。

コメント