6年ぶり18kmの自転車通勤に向けて購入したアイテム11点

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。
6年前に片道27kmほどの自転車通勤をしておりましたが、いろんな流れで厳しかったところ、この春から18kmと2/3の距離で自転車通勤ができそうな空気が出てきたので、久しぶりに愛車のTrek1.1を週1,2ペースで使いたおそうと思い立ちました。

久しぶりに乗って、フロントタイヤがパンクした愛車はこちらです。
自転車通勤をしない間はたまーに、TOIECのテストで乗ったり、たまーに、髪を切るために10km程度走ったりととってもかわいそうな状況になっており、その間メンテナンスも超おざなり。
本来ならば自転車屋さんにもちこんで、再セットアップなんてしてもらった方がいいのでしょうが、購入した自転車屋さんも廃業していますし、自分でできるだけメンテナンスを続けて行こうと決心しました。
まずは、最低限自転車通勤仕様にしよう!ということで購入したアイテム11点をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

スマホホルダー

自転車通勤になくてはならぬスマホホルダーです。
スピーカーにして音楽を聴くも良し、サイコンアプリを動かすも良し、スマホと長距離ライディングは今は切っても切り離せぬものとなっております。そんなスマートフォンを固定するアイテムを改めて新調しました。
https://ana-mileage-shoes.net/holder

ロードバイク用タイヤ2本セット

タイヤは6年間変えていなかったのでさすがに買い替えだなと思いました。以前はヴィットリアのタイヤを履いていましたが、現状のアマゾンさんの人気No.1セットということで、コンチネンタルタイヤをお試して見たいと思います。
ロードバイクはタイヤで本当に乗り味が変わるので、これは楽しみ。何度か走ってからレビューしていきたいと思います。

ロードバイク用チューブ(ロングバルブ)

タイヤチューブはずっとパナレーサーを愛用しています。なんとなくゴムパーツは日本製が優秀そうだという先入観で生きています。バルブはロングバルブを購入しないと空気が入れにくいので、絶対にロングバルブ派です。

タイヤレバー

あわせて、タイヤレバーも新調しました。2本まだあったのですが、通勤中のパンク対応は一刻も早くしたいため、改めて使い勝手の良さそうなタイヤレバーを探した結果、こちらもアマゾンさんの人気No.1タイヤレバーということで購入です。見た目も使い勝手が良さそうなので、楽しみです。

仏式エアバルブキャップ

赤いタイヤを購入したのでエアバルブキャップも赤をついでに購入しました。タイヤバルブはちょっとした自己満足カスタマイズにとってもいいパーツの一つだと思うのです。

バーテープ(PU製レザー調)

バーテープはボロボロになっていたので、前から買おう買おうと思っていたパーツ。こちらもお安く購入できる自己満足カスタマイズに良いパーツだと思います。でめさんはレザー調が滑りにくい気がして好き。PU製なので、どこまで持つかはわかりませんが、1年ほど持って欲しいなと思っているところです。

ドリンクボトル

シマノ ドリンクボトル クリア/ブルーロゴ Y9S0BOTLE1X

シマノ ドリンクボトル クリア/ブルーロゴ Y9S0BOTLE1X

587円(03/31 02:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

ドリンクボトルは3年間ほど使ってボロボロだったので、捨ててしまっておりました。ということで、新規購入です。可もなく、不可もなくだと思います。

ツールボトル

以前はサドルバッグに予備チューブ・CO2インフレータ・手袋・タイヤレバーを入れていましたが、そのサドルバッグのファスナー部分が逝ってしまっていたため、ツールボトルに変更することにしました。

チェーンルブ

ずっと、フィニッシュラインの赤を愛用していましたが、AZさんが知らぬ間にロードバイク用の潤滑油を提供していたので、こちらを買って見ました。KUREさんもローボバイク用オイルを出しているようですし、色々試して見たいなと思います。

サイクルカバー

恐ろしいまでに雨ざらしにしていたので、いろんなんパーツとかを考えて今更ながらサイクルカバーを購入してあげることにしました。むしろ6年間ごめんよ。

ステンレス洗濯バサミ

サイクルカバーが飛ばないように洗濯バサミも合わせて購入しました。プラ製ですと紫外線にやられて砕けていくのでステンレス用洗濯バサミにしました。
家族みんなの自転車カバーようの洗濯バサミもこちらに切り替えて行こうと思っています。

まずは最低限必要だよね!というものを買い換えました。14,000円ちょっとかかっています。
自転車通勤を本格的にやっていた頃は毎月のように自転車パーツを漁っていたので、改めて楽しんでアウトドア趣味の一環としてロードバイクを復活させてブログネタにもどんどん消化していければと思っている!というお話でした。

コメント