ロゴスROSYエントレ2ルームドームとアメニティドームMを比較した!

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。
本日は初心者向けテントとしてイチオシでめさんも完全に壊れ切るまでは使い続けてやろう!と考えているロゴスの「ROSYエントレ2ルームドームXL」と、本製品の本家といえるであろう、スノーピークの「アメニティドームM」を比べた結果いかに、「ROSYエントレ2ルームドームXL」が初心者向けであるか?ということを伝えたいと伝えたいと思います。
異論は認めまくりですので、怒らないでくださいね。

スポンサーリンク

「ROSYエントレ2ルームドームXL」は「アメニティドームM」のサイズ感を比較する

こちらがスノーピークの「アメニティドームM」のサイズ感です。

でもって、こちらがロゴスの「ROSYエントレ2ルームドームXL」です。

比べてわかる通りロゴスの「ROSYエントレ2ルームドームXL」の方が背が20cm高い。横幅はだいぶ短く見えますが、インナールームの広さはほとんど変わりません。
アメニティドームMの前室の張り出しがちょっと長いというくらいではないでしょうか。
テントにおいて、背の高さというのは、過ごしやすさに影響がありますので、ちょっと広い方がいいと思います。風の受け流しがアメニティードームの売りだというはのは100も承知ですが、「初心者」さんとしては暴風の中ではやるべきではないと思いますし。
でめさん、ちゃんと張り綱をすれば風速9mくらいの日(瞬間風速2倍として18mくらい)にキャンプをしましたが、全然問題なくテントとしては使えました。そこらじゅうの椅子が転がるくらいの風でしたが、テント自体は全然、無事。
よほどのことがなければ、背が低いことによるメリットより背が高いことのメリットの方が大きいと考えています。
ここに二枚の写真がありますが。
上がお友達家族の「アメニティドームM」、下が我が家の「ROSYエントレ2ルームドームXL」です。


ぱっと見でもわかると思うのですが、フロントの入り口部分の高さがこれだけ違うんです。
やはり出入り口のところで屈まなくてもいいのは初心者にとっては楽さが有利に働くのでは?と思いうところです。

「ROSYエントレ2ルームドームXL」は「アメニティドームM」の設営のしやすさを比較する!

両方ともインナーテントを組み上げてからフライシートをかぶせる方式です。

「アメニティドームM」のインナーはこちら。

*画像は公式から拝借
「ROSYエントレ2ルームドームXL」のインナーテントはこちらです。

見て伝わる通り、「ROSYエントレ2ルームドームXL」の方が、一本ポールが少ないんですね。もちろん、強度などは弱くなりますが、「ただ設営をする」の一点においては少ない方が楽なんです。
よく「アメニティドームM」はフレームエンドの色と、差し込むスリーブの色が一緒だから初心者にわかりやすい!なんて紹介がされていますが、「ROSYエントレ2ルームドームXL」のフレームは3本全てが同じもの。
色分けの必要すらないわけです。
どちららが簡単か?というと、本数が少なく、種類が分かれていない方が簡単なのは自明の理ですよね。
「設営のしやすさ」という初心者に大事な項目においても、わずかな違いではありますが、「ROSYエントレ2ルームドームXL」に軍配が上がるのではないでしょうか。

「ROSYエントレ2ルームドームXL」は「アメニティドームM」の価格を比較する!

価格という一点を見ると「ROSYエントレ2ルームドームXL」に軍配が上がります。初心者でキャンプを始めるにはテント以外にもたくさんのものが必要になるわけで、予算がどんどん上がってきます。
そして、テントをスノーピークにしたら周りのものもスノーピークにしたくなるというもの。
スノーピークの「アメニティドームM」はこのサイズ、スペック感でしたら「割安」と考えていい商品だと思いますが、付属品一つ一つの値段があまりにもスノーピークは高い。

例えばシュラフ一つとってもこの価格差。
お金持ちさんなら何も問題ありませんが、一般的に無限にお金がある方もいないと思いますので、ロゴス沼にはまるのと、スノーピーク沼にはまるのはわけが違います。
キャンプギアはやればやるほど、調べれば調べるほどいいものが欲しくなるが目に見えているものです。
どうせ買い換えるなら、はじめは安くて使いやすそうなもの、慣れたらいいものを買う!別に安いもので満足しているのならそれでいいではないか!がでめさんの考え方。
キャンプの花形である、テントはもっとも買い換えたくなること請け合いのポジション。なので「ROSYエントレ2ルームドームXL」は「アメニティドームM」どちらが初心者向きか?となると、でめさんは「ROSYエントレ2ルームドームXL」を推したいのです。

ロゴスの「ROSYエントレ2ルームドームXL」はスノーピークの「アメニティドームM」よりも初心者キャンパー向けのまとめ

ということで、サイズ感・設営のし易さ・価格の三つの側面から「ROSYエントレ2ルームドームXL」が「アメニティドームM」より初心者向けだという理由を書いてみました。
わかってます、品質はどう考えても「アメニティドームM」の方がいいです。
いろんなことがしっかりしています。スノーピークの「アメニティドームM」にロゴスでぶつけるなら、「neos リビングプラス・PLR XL」であるべきですし。

それでもでめさんのメインテントは「ROSYエントレ2ルームドームXL」から変わる予定はありません。このテントが壊れしまっても、キャンプを続けたけければ次はもっといいテントを買えばいいのだと思うくらい、ロゴスの「ROSYエントレ2ルームドームXL」はスノーピークの「アメニティドームM」よりも初心者キャンパー向けだと思う!というお話でした。
*「ROSYエントレ2ルームドームXL」は我が家のメインテントなのでレビューも書いてます*

コメント