台北市内の観光だったら EasyCard を持ってMRTが安くて便利

お立ち寄り頂きありがとうございます。でめさんです。

台北は韓国に並ぶ本当に気楽にいける海外。中でも台北は親日家も多く日本語もかなり通じる素晴らしい環境だと思います。ANAのマイルも一人当たりレビュラーシーズンで往復20,000マイルでいけちゃいます。陸マイラーだったら一月でたまるマイルですよね。

ちょっと二泊三日くらいでさらっと台湾旅行なんてのも全然気軽にできます。そんな台湾の中核都市となる台北、市内であれば、MRTが安くて便利、どうせMRTを使った観光をするならEasyCardを持っておくといろいろ楽だと思ったことを綴ります。

スポンサーリンク

台北MRTは台北市内の大体の観光地をつなぐ地下鉄です

空港自体は桃園国際空港がオススメですが、東京に住んでいるのであれば羽田からいける台北松山空港が便利ですよね。台北は本当に気軽にいける海外です。

二泊三日で思い立ったらいけばいい、そんな国。

初日はとりあえず、ホテルに行ってゆっくり。

二日目は朝霞動いて動物園でパンダを見て、士林の夜市などで食べ歩き。

三日目は台北101を観光しながら鼎泰豊あたりでゆっくりランチをしてからホテルに預けた荷物をちょっとピックアップをして、台北松山空港に。

なんていうのんびり過ごす二泊三日なんていうちょっとした海外旅行ルートはあろうかと思います。こんなプランをした場合はどんな感じでMRTになるでしょうか。

台北MRTの路線図はこんな感じ。結構な範囲に張り巡らされています。

台北MRTはかなりの本数があり、遅れもほとんどないという素晴らしい交通機関。

ホテルは私はIHGグループ推しなので「忠孝復興駅」近辺に2018年Q3にオープン予定の台北KIMPTONホテルを前提に考えてみたいと思います。

初日 松山空港駅→忠孝復興駅(20TWD:7分)

二日目 忠孝復興駅→動物園駅(30TWD:16分)

動物園駅→剣潭駅(40TWD:38分)

剣潭駅→忠孝復興駅(25TWD:17分)

3日目 忠孝復興駅→台北101駅(20TWD:10分)

台北101駅→忠孝復興駅(20TWD:10分)

忠孝復興駅→松山空港駅(20TWD:7分)

三日間の移動費がトータルで185TWDです。台湾元(TWD)と日本円の為替は高くても4円くらいですから。1,000円もかかってませんね。ちなみに台北MRTの三日間の乗り放題だと380TWD。よほど、移動を頻繁にしない限りはMRTの乗り放題チケットを有効に活用するのは難しいかもしれません。

台北のタクシーはやすいといえども上記を全てタクシーで移動したら5,000円くらいかな。と思います。Uberだと多分3,000円くらい。大人3人ならUberと費用的なさはほぼない、かもしれませんが、台湾は結構渋滞もあるので、できるだけ車には乗りたくないという思いもあったりします。

台北MRTをある程度使うならEasy Card(悠遊カード)(ゆうゆうカード)があると便利です

以前も書きましたが台北MRTに乗るにはこんなICチップの切符を購入します。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。 先日台湾主張に行ってきました。出張なので観光する時間は全然なかったのですが、と...

この時は初台湾だったので、入手はしなかったのですが、台北にもSuica、Pasmoのような交通系ICカードがだいぶ普及しています。

それが「Easy Card(悠遊カード)(ゆうゆうカード)」です。

MRTが20% OFFになるお得なカードです。何より、いちいちICチップの購入をする必要がないのがかなり便利です。

券面デザインはこんな感じ。なんかかわいいやつがいました。

このカードにチャージをして利用するイメージですね。

日本国内ほどどこでも!とはいえませんが、かなり普及しているセブンイレブンやファミリーマートといったコンビニエンスストアでの支払いもできるので、あまり現金を持っていないけど、カードが使えない時などでは便利ですね。

この Easy Card は台北MRTの窓口に行って100TWDで購入することになりますので、ちょっとした出費ですが、台湾記念にもいいかなと思うEasyCard。

台湾は本当に気軽にいける海外なので、ちょっと気が向いたらくらいに遊びに行ってもいいと思いますので、買ってしまってもいいと思います。そんなこんなで台北での移動はMRTを中心い、Easyカードを持ってるとだいぶ便利過ごせると思ったというお話でした。

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする