サンフランシスコ(カリフォルニア・ベイエリア)周辺の様子・感想を伝えたい

*サンフランシスコからパロアルト方面に向かう101という高速道路で運転もしました*

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

先日出張でサンフランシスコ空港に飛び、その周辺を少し車で動いたので、ちょっとだけ感想をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

サンフランシスコ周辺ではテスラがめっちゃ走ってる

サンフランシスコ周辺ではテスラ(TESLA)がすごく走っているのを見ます。

カリフォルニアではナンバープレートは購入した後送りつけられてくるシステムだそうで、多くの車がナンバーなく走っているのですが、新車のテスラはつるっとした感じでたくさん走っているのです。かなり違和感。

日本ではまだまだ高級車というか、あまり見ない電気自動車です。

サンフランシスコから車で走っていて、目撃、2台目くらいまでは「おぉ。。。」とか思っていましたが、あまりにも見すぎて感動がなくなってしまいました。

同僚曰く「ベイエリアのプリウス」といった扱いだそうで。

ひどい的は3台連続テスラなんて状況にもなりました。

それもそのはずといったところでしょうか、テスラの本社は「パロアルト」というサンフランシスコ空港から30分ほどの街にあります。広島でマツダ車を見る、豊田市でトヨタ自動車を見るくらい当たり前のことかもしれません。

ショッピングセンターにもテスラが展示されていてこんな感じで気軽にさわれます。

エンジンないからフロントも収納スペースになっているのは個人的には衝撃的。もちろん、リアもトランクです。

スタンフォード大学と、スタンフォードショッピングセンターによってきた

そんなパロアルトはスタンフォード大学があります。めちゃくちゃ広い敷地のスタンフォード大学。この見える範囲のヤシの木?みたいなところは全部スタンフォード大学だそうです。

同僚が「ちょっとだけ見せるね」と言うことで、車でさっと寄ってくれました。

スタンフォード大学は割とおぼっちゃん大学だそうで。頭もそれなりにいい金持ちがたくさんいるような大学だそうです。ちょっとした観光スポットにもなっているので時間があるならゆっくり散歩してもいいかもしれないなと思います。

ちかくのショッピングセンターでスタンフォードショッピングセンターにもよりました。

メイシーズという百貨店も一角に入る感じのショッピーングパークといった印象です。

スタンフォード大学のロゴをあしらったアパレル商品を扱う、スタンフォードショップなんてのもありました。

かなり広い敷地にあるららぽーとのようなものと捉えればいいでしょうか。エルメスやルイヴィトンのようなハイブランドの店舗も入っているのでちょっとららぽーとと趣がことなるかも、しれません。

一方マクドナルドもあれば、GAPもあるので、高級なブランドだけではないですし、アップルショップやマイクロソフトショップもあると言う感じ。ターゲットがよくわからない気がしないでもないですが、休日に、ゆっくりいろんなお店を見たい地元の人にはいいですよね。

パロアルト周辺でゆっくりするのであれば立ち寄ってもいいかもしれないと言うショッピングセンターです。公式サイトはこちらから、ご興味がありましたら、見て見てくださいませ。

お店の様子も日本とは異なるアメリカンな空気感

10月の頭でハロウィン感はすごいあり、スーパーの転倒などにもかぼちゃがたくさん売っていました。日本じゃまず、みない大きさのかぼちゃ。かぼちゃって緑のイメージなんですが、アメリカのかぼちゃは初めからオレンジなのですね。

サンマテオBridgepointe Shopping Centerにある「ターゲット」に行きたいというは話になりました。ターゲットはアメリカのイトーヨカドーのようなチェーン店。

同行していた方がワインが好きと言うこともあり、そのショッピングセンターにあったリカーショップをパノラマ撮影して見ました。

恐ろしく広かったのです。大学の体育館くらいのスペースがほぼお酒+お酒関連商品が並び続けると言う店舗。

シャルドネのワインだけで50mくらい棚が取られてるんじゃなかろうかと言う品揃え。

日本でこのレベルの酒屋さんは見たことがない!という衝撃を受けます。

また、立ち寄った「ターゲット」のレジは完全無人で自分でスキャンして自分でクレジットカードで清算をしてものを持ち帰りました。日本のイトーヨーカドーで大量のレジ街などをしている様子とレジ部の名札をつけたパートスタッフさんなどを見ると、日本でもそろそろ、無人レジ、本格普及してもいいのではないかな?と思う次第です。

アメリカでブラジリアンなシュラスコレストランEspetus Churrascaria San Mateoで夕食を

ディナーはアメリカで働く同僚予約をしてくれたブラジリアンシュラスコをいただきました。

会社の会食なので、予算をほとんど気にしていませんでしたが、お酒などを飲んで、一人100ドルを超えるくらいにはお高めのお店。お客様ずれの会食などでは使えるようなお店なのかなとおも思います。

場所はサンフランシスコとパロアルトの間になる、サンマテオという街にあるシュラスコレストランです。

サラダバーといろんなお肉のシュラスコが食べ放題。

シュラスコについては、テーブルをスタッフの方が回って「このお肉どうですか?」という形で配り歩くスタイル。

すごく頻繁に回ってきて、お皿があくタイミングは一切ありません。

シュラスコのわんこそばのようなものです。

お肉だけでお腹がいっぱいになります。

当たり前ですが、アメリカンな感じでした。

でも、デザートを頼んだり。

サンマテオは一応シリコンバレーの北端という土地になり、基本住宅地ではありますが、Youtube発足の土地だそうです。あまり日本で聞く土地柄ではありませんが、ワイナリーなども山の上にありますし、お酒が好きな方は立ち寄ってもいいような土地かもしれません。

サンフランシスコ(カリフォルニア・ベイエリア)周辺の様子・感想のまとめ

結局、仕事の合間で移動ついでなトータル6時間程度のドライブと地元のショッピングセンター観光+会食という内容なので、旅行!では全くないものではありますが、テスラ!大雑把なデカい店!肉!をそれなりに堪能できて楽しかった!というお話でした。

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする