成田空港ユナイテッドクラブラウンジの快適さを伝えたい!

国際線のラウンジが楽しいです。お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。

私、台湾企業に勤務をしているので年に何度か台湾に行くことがあります。そして生粋のANAマイラーとして生きておりますので、基本的にはANAを使いたいのですが、羽田空港から松山空港の飛行機は数が少なく、飛ぶ時間も遅い時間は飛んでくれません。

しかし、スターアライアンスゴールドのエバー航空であれば、20:30に成田空港から桃園空港に飛ぶという飛行機があるのです。つくのも遅いし、台北市内からはだいぶ遠く不便な桃園空港なので、できれば使いたくはないのですが、平日ちょっと打ち合わせが遅い時間に入ってしまうと、選択肢が、ないので、成田空港を利用する機会が増えてきました。

そんな成田空港のスターアライアンスのラウンジ、いつもなら迷わず、ANAラウンジを使うところですが、初めてユナイテッド航空のラウンジに入ったら想像以上に快適だったので簡単にお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ここはホテル!?という広々なユナイテッドクラブラウンジ!

入口の様子はこんな感じです。ちょっとした豪華さがありますよね。

受付は普通です。

ただ受付の後ろにはこんなスペースが。。。

ホテルかよ!という豪華さですほね。

混んでくる時間などはここも受付になるのかな?というスペース。

でめさんが訪問した時間はセンターにお菓子がちょっとだけ置いてあるだけでした。

お食事などは十分にあるけど、ANAラウンジのほうが日本人向け

航空会社ラウンジなので当然食事スペースはあります。

お酒はこんな感じ。

ビールサーバはアサヒビールですね。飲み物もドリンクバー形式。

もう十分な品揃えですよね。ジンジャーエール嬉しいです。

パンとバナナがおもむろにおいてあります。

ホットミールもありました。

こちらはチキン。

ドライカレー、かな?

ベジタブルスープありました。こちらは温まるのでよいです。

サラダも普通に美味しいです。

お寿司は細巻きを中心に多めに展開をされていました。

もうちょっと混み合う時間であれば色んな種類があるんだろうと想像できます。

このアボガドサーモン巻とかでめさんとしてはどうなのよ!というメニューです。

アボガドサーモンはどうなのよ!で許せますが、このベーコン巻きはもうなんか感覚が違いすぎる。

ユナイテッドのフードメニューの運用はやはりアメリカの方がやっているんだろうなという印象ですね。

ラウンジのご飯については圧倒的にANAラウンジのほうがでめさん好みです。

成田空港のユナイテッド航空ラウンジは快適さがものすごい!

ラウンジで大切なことの一つは眺望!窓のないラウンジはでめさんとしては評価がガクッと下がります。それが、この広く大きな窓があるのです。

もう、飛行機もいっぱい見放題。とても窓が高くて、開放感すごいです。

そして、この広さ!

ANAラウンジの広い方と同じくらいか、もしかしたら、こっちのほうが広いんじゃないかなくらいには広いです。

そしてユナイテッド航空ラウンジということもあり、利用者が全然少ない!

ラウンジで写真をとるのは結構はばかられるのですが、遠慮なしでした。

そして設備もいいのです。

こんなハイバックのソファもありますし。

なんかこういう謎な置物がたくさんありました。

神輿って日本ぽいよね。

恵比寿様が大きい。

ここまで来るとだいぶ奥の方です。19時過ぎにはもうまったくお客さんがいなかったので、テレフォンブースでもないですが、スカイプ英会話をしたりもしちゃいました。

だって全く人がいないんですもの。

 

招き猫の横にちょこっとだけお菓子がありました。

恵比寿さんなり、招き猫なりちょっとお金への意識があるような印象。

まぁ、豪華さという点ではありだと思います。

成田のユナイテッドクラブラウンジの快適さがすごかったなまとめ

私、航空会社ラウンジに出入りするようになって3年ほどですが、一番快適だったと言っても過言ではない成田空港国際線のユナイテッドクラブラウンジでした。

広く、空いてて、設備が良い!

成田空港は広くてお散歩も楽しいので、ANAラウンジの快適な方が閉まっているじかんであれば、ご飯はANAラウンジで食べて、ここでゆっくりくつろぐ!なんて過ごし方が定番になりそうだなと思うというお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください*

成田空港国際線のANAラウンジを利用した感想をお伝えしたい!
お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさん(@deme19800124)です。 この度、ANAで成田空港発、国際線を利用する機会があり、無事に初めて成田空港国際線のANAラウンジを利用することができたので、綴りたいと思います。 ...

コメント