台北の桃園空港のターミナル2にあるエバー航空のラウンジの評価・レビュー

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。
台湾出張で台北は桃園空港にあるエバー航空のラウンジである「The STAR」に立ち寄れました。台湾の国際空港のメインである桃園空港の感想も含めてつづりたいと思います。

スポンサーリンク

台北のメインの国際空港となる桃園空港を台北松山空港と比較してみる

桃園空港は「台湾桃園国際空港」という名実ともに台湾を代表する国際空港です。台北松山空港は中国本土と羽田空港以外の国際線は基本的に運航しておらず、多くの国際線はこの桃園空港を利用します。なので、とってもいろんなエアラインが飛んでいる空港。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。 このたび、出張で台湾に訪れました。出張なので、あんまり観光の時間なども取れず、...

以前、松山空港に訪問した際は正直がっかりが隠せませんでしたが、桃園空港が本格的な国際空港と知って、あえて立地的には不便な桃園空港ー成田便を利用した次第です。

日本への便はANA便、JAL便問わず「ターミナル2」を利用します。

「あれ、桃園空港のターミナルどっちだっけ?」という不安にはなりづらいのが嬉しいですね。ANAのカウンターもしっかりとしています。たまたまか、チェックインで私の担当をしてくれた方は日本語も普通に堪能でした。

台湾は日本語が話せる方も多いので、こういった場では当たり前に日本語を使う気がします。

なお、私はこのタイミングではANAの上級会員資格である「プラチナメンバー」の状態でしたが、手荷物検査を抜けるのに日本のようなプライオリティレーンはありませんでした。手荷物検査の列は20分くらい並んだかな。。。

あと、全然意識せずに手荷物検査を抜けてそのまま出国審査に並ぶのですが、コチラで台湾人列に並んでしまい、並び直させられました。今思えば、当たり前に自動改札のような通り方をしていたので、日本と同様で、台湾人向けの出国の自動化レーンがあったようです。

時間が朝の時間ということもありますが、手荷物検査&出国検査で40分近く浪費をしてしまいました。桃園空港はイミグレを抜けた後は、免税店なり、カフェなりいろいろな設備が充実していますので、かなり早めに行くことをオススメします。

広範にわたって免税店がありますので、成田空港くらいにはショッピングを楽しむこともできると思いますから、早く抜けたら空港を楽しめばいいと思うんです。

オープンな感じのスターバックスコーヒーはラウンジなどがたくさんある4階のコーナーにありました。ちょこっとしたフードコートのようなスペースなので、ラウンジに入れない方もゆっくりするところはあると思います。

松山空港はこの辺りが全然整備されていないので、桃園空港良い!と改めて感じますね。

写真を撮るのも日本の空港だと、偏光ガラスか何かで、かなり青みがかるのですが、こちらの空港だとそこまで変な感じならず自然な色味でとれた気がします。この写真はあまり意識していなかったので、映り込みがありますが、日中であれば、ちゃんと写真を撮ることもできるんじゃなかろうかと思います。

そんな感じで、桃園国際空港は多少早くついてしまってもいろいろと楽しむことができることが分かったのは収穫でした。しかし、私はANAの上級会員資格をもつ、陸マイラーブロガーの端くれ。もちろん、桃園空港のスターアライアンスラウンジとなるエバー航空のラウンジでくつろがさせていただきました。

台北の桃園空港エバー航空のラウンジ「The STAR」はちゃんとした航空会社ラウンジだった

台北松山空港はいろんな空港会社が集まってできている寄合ラウンジでした。人も多く、こみあっており、まったくくつろげなかったことを記憶しています。それが、台湾玄関となる桃園国際空港はまったく事情が異なります。

ラウンジはエレベータを上がった4Fに集中していますね。

エバー航空のラウンジだけで4つあります。エバー航空の公式サイトでは、それぞれアクセス権がかなり異なります。一般的にANAの上級会員となる、スターアライアンスゴールドが使るエコノミークラスで利用できるラウンジは「The STAR」になるようです。

  • The garden:BR Infinity MileageLands – Diamond card members can access the Garden lounge.

  • The INFINITY:BR Royal Laurel/ Premium Laurel/ Business Class and Star Alliance First/Business Class travelers can access to use the Infinity lounge.

  • The STAR:BR Infinity MileageLands – Gold card and Star Alliance – Gold card members can access to use the Star lounge.

  • The CLUB:BR Infinity MileageLands – Silver card members can access to use the Club lounge.

また、こちらの案内を見る限りはThe garden以外はスターアライアンスゴールドでイケそうです。

ただ、そこまで厳密に管理をしていないようで、「 The garden 」に入ろうとしたら、入れそうな空気がありました。

残念ながら、「The garden」にトライをしようとしたら、チケット確認をされて、もうすぐ出発時間だからということで、搭乗口に行ってくださいという言い方で断られたので、真偽不明です。また台湾に行くタイミングでチャレンジをしたいと思います。

また、スターアライアンスゴールドであればシンガポール航空のクリスフライヤーラウンジとなる「シルバークリスラウンジ(Silver Kris Lounge)」も使えるようですね。

ということで、一番メインとなりそうなEVA航空ラウンジに向かいます。

ペッパーが見えますね。台湾では何度かペッパーを見かけました。私には何がいいのかよくわかりませんが。。。

受付をすると The SATR に案内をされました。床にはこんな感じの照明が。おしゃれ。

中は、狭苦しい感じではありません。滑走路が見えるわけではないですが、ちゃんと広く窓もあり開放的な雰囲気です。

食べ物は台湾らしい感じのものがしっかり並んでいます。とはいえ、毎晩毎晩大量のお食事をいただいていたので、このタイミングでのご飯は特に取りませんでした。

ここのご飯はとっていませんが、台湾は野菜炒めがおいしかったと思います。

ライスヌードルだからフォーみたいなものでしょうか。肉団子付き。

鶏肉のパティやジャガイモなど。結構たくさん作ってますね。まだ朝10時ごろなのに。

もちろん、洋風な感じでコーンフレークもありました。

結構変化球なスイーツとしてSWEET PTATOという名で壺入り焼き芋がありました。ちょっと食べるの面倒ですが、時間があればいいかもしれませんね。

そして何より、ありがたかったのはMOVENPICKのアイスクリーム。唯一とった食べ物です。

とてもおいしいアイスクリームが食べ放題。ANAラウンジにも導入してほしいと切に思いました。ANAラウンジはデザート系はそこまで充実していないですからね。アイスあるだけでかなり嬉しい。

カフェラテを持ってきてからアイスを取りに行ってしまったのでカフェラテの泡が消えててちょっと残念ですが、コーヒーとアイスは至福の時間でした。

はじめに書いた通り、入場に想定外に時間をかけてしまったので、あまりくつろぐ時間、散策する時間が取れず、ラウンジでカフェラテとアイスをいただいた帰国の道につくのですが、こんな感じで初めてのエバー航空のラウンジを体験することができてのは幸せです。

台北の桃園空港のターミナル2にあるエバー航空のラウンジの評価・レビューのまとめ

ということで、以前、訪問した台北松山空港のラウンジと台湾の玄関として誇られている桃園国際空港の環境はったく違うということがわかりました。もう、設備だけで桃園国際空港を推していきたいくらい。

飛行機が成田にしか飛んでいないという東京に住んでいるとかなり大きなデメリットがある台北桃園空港ですが、時間に余裕があるのであれば、もう一度訪問、散策をしてみたいなと思ったというお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください。*

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。 ブレーメン空港おいうドイツの小さな地方空港でもANAプラチナカードはちょっとし...
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする