ロードバイクの屋外保管の検討!結論は簡易スタンド&カバーに落ち着いた


お立ち寄り頂きありがとうございますでめさん(@deme19800124)です。
ロードバイクを使っての通勤を始めるにあたり、とっても大事なロードバイクの保管についていろいろと考えた内容をまとめます。クロスバイクな方も含め自転車を大切にしたい人はみな同じことを考えると思いますので、ここに一人の同志がいたとでもおもっていだけますと幸いです。

スポンサーリンク

ベストは屋内保管だけれども同居人の許可が取れない!

ロードバイク趣味の人・クロスバイクを買った人一人暮らしであれば、自転車は室内保管をしますよね。ただ、でめさんは家族持ち。3LDKの間取りで70平米ほどの床面積のおうちに家族5人でくらしておりますので、とてもではないですが、ロードバイクを室内に持ち込むことは許されません。
ルイガノのキャスパーというハードているマウンテンバイクを購入してから、スポーツ自転車歴だけなら17年ほどになるでめさんですが、そんなことは家族には関係がないのです。


ミノウラさんのこんなバイクハンガーならお安くちゃんと保管ができるのでとてもいいと思うのですが、外を走ってきた自転車を屋内に持ち込むことなど、とても理解がなされることではありません。
なんなら、頭がおかしい人扱い。
ということで、泣く泣く屋外保管をする方法を模索することになるのです。

簡易バイクガレージという選択肢

屋外保管であったとしても、屋根でまもってあげたいという思いは変わりません。


調べるとこんな素敵なサイクルガレージがドッペルギャンガーさんから出ているじゃないですか。お値段もお安い、さすがドッペルです。
でもこのサイズ感幅100cmという1mのスペースをとってしまうんですよね。
現状のでめさんの家の乗り物は子供を運ぶための自転車がパパ・ママ用で2台、子供の自転車が2台、ストライダーが1台、アンパンマン号が1台ありこれだけで玄関スペースは埋め尽くされているという状況。でめさんのロードバイクは家の裏に打ち捨てられておかれているという状態でした。
もちろん雨ざらしです。
この状況を改善するために検討をしているのですが、1mは多きすぎるのです。
もうちょっと広いおうち、駐車場であれば、迷わずこのサイクルガレージを買っているのですが、いかんせん、家が狭いのでその選択肢には至りませんでした。

サイクルスタンドとサイクルカバーという選択肢

ということで最大限の妥協になりますが、駐車場のスペースの車の真後ろにサイクルスタンドと、サイクルカバーという組み合わせに結論はいたります。


ロードバイクはだいたいハンドルの幅が一番大きな幅になりますよね。大き目なロードバイクであっても50cmは行かないくらい。
本当にギリギリまで後ろに寄せれば駐車場の隅に何とかおけるようになるわけですね。
ただし、このやり方はすごくリスクを伴います。
屋外で車の真後ろに置くわけですから、強風などで倒れた自転車がでめさんの愛車のゴルフトゥーランにがっつりぶつかるというリスク。365日置いておいたらおそらく10回は発生するであろう状況です。このようにならないためにはサイクルスタンドをいかにがっつり固定するか?ここが大事。
でめさんのおうちのつくりとしてはフェンスが駐車場のすぐ横になるので、このフェンスと固定をして、ずれないようにすることで回避をしたいと思います。

ロードバイクの保管のために引っ越したくすらなる

そんな結果、かなりの妥協をもってでめさんの自宅が狭すぎるがゆえに最低限のカバーをかけるという対処しかできないという状況になりました。
サイクルガレージが欲しい。。。
スペースさえあればドッペルギャンガーのサイクルガレージを買えば済むこと何に、そんなことは夢のまた夢という状態です。
高級自転車とは言えませんが、一応ロードバイクですので、本当室内保管がしたいけど、そんなことができないでめさんの家。ロードバイクの保管はみな様悩まれると思いますが、結論サイクルカバーに落ち着きましたというお話でした。
*よろしければこちらもお立ち寄りください*
https://ana-mileage-shoes.net/11items

コメント