スポーツサンダルの雄TEVA(テバ)のサイズ感・サイジングを伝えたい

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

6月に入り夏はサンダルの活用シーンも増えてきます。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。 革靴ブログですので、もしかしたらニーズあるかも!?と思って、ビルケンシュトック...

以前、こちらで書いた通りサンダルはビルケンシュトック派だったのですが、俄然気になるサンダルブランド、TEVA(テバ)。日常使いだけではなく、川や海などの水辺も遠慮なくいけるTEVA(テバ)すっごく欲しいので、買いに行きました。

コチラのサンダルの特にサイズ感についてつづりたいと思います。

スポンサーリンク

スポーツサンダルの生みの親TEVA(テバ)とは?

「スポーツサンダル」というジャンルの草分け的な存在であるTEVA(テバ)。

私はティーヴァと読んでいて、店員さんに「”ティーヴァ”のサンダルはありますか?」と聞いたら、「あぁ、”テバ”ですね。こちらです。」的な、アンニュイな気持になったことがありますので、お気を付けください。”テバ”ではなくて、せめて”テヴァ”と表現をしてもらいたいものですが、どうやら”テバ”が一般的なご様子です。

基本モデルは、2層のソールから構成されています。

内側のソールはより柔らかく、中敷きとして機能し、ほとんどのモデルはアーチサポートと臭いを減らし細菌を殺す技術である「Microban Zinc」というテクノロジーが施されているようです。 アウターソールはより硬く、濡れた場合なども滑にくいような加工がされているものです。

またユニバーサルストラップシステムは3つの部分で構成されています。

つま先ストラップ、ヒールストラップ、サイドストラップになります。つま先と、かかとのストラップはそのまま、固定に利用しますが、サイドストラップはつま先ストラップとヒールストラップをサンダルの外側に接続し、サンダルがで伸びないようにしているんです。

けがの低減のためですね。そして、各ストラップは、三角形の「リング」によって他のストラップに接続されています。

こんな構造にこだわりを持ったTEVA(テバ)はスポーツサンダルの雄として、

TEVA(テバ)のスポーツサンダルのサイズ感・サイズ選定の基本を考えたい

皆様自分の足のサイズを測った事はありますでしょうか?

革靴をちゃんと買うなら計ると思うんです。私は24.8cmくらいでした。

つまりスニーカーでしたら、26cmくらい、革靴ですと25cmが最適なサイズと考えています。革靴慣れしていないときは少し余裕のある25.5cmなどを選んでいましたが、今は25cmが絶対にジャストサイズだなと思う感じ。

そんな私が履き比べた結果はこちらです。

スニーカーサイズの26cmだとなんかおっきい気がする

つま先の先に明らかに余裕があるんです。

横幅などはちょうどいいかな?という印象。結局サイズが多くてもTEVA(テバ)のサンダルであれば、ストラップでいい感じにできるのでもちろん履けるのですが、なんというか余ってるな感凄い出ました。

つまりTEVA(テバ)のようなスポーツサンダルだと、”遊び”は違和感に繋がってくるように思えるのです。

スニーカーサイズだと、もうちょっとピタッと履きたくなるのがTEVA(テバ)のサイズ感だと思います。

革靴サイズの25cmだと本当にジャストサイズだけど、小指が不安

全く同じ感じで撮れてなくて残念ですが、25cmの場合はこんな感じです。なんか、ちょっぴり小指がはみ出てる気がするんですよねぇ。。。

実際靴下履いてはサンダルははかないので、このサイズ感でぴったり!だとは思うのですが、本当にわずかばかり小さいような気がします。

それでも、履き心地の柔らかさフィット感の確かさを考えるとジャストサイズがすっきりするかなと思いますね。

TEVA(テバ)は1cm刻みでしかないので、なかなかサイジング・サイズ選びが大変だと思うのですが、基本は革靴サイズだと思って、実測+0.5cm〜1cmくらいで購入するのがオススメかなと思ったというお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください*

GU の最先端のフラッグシップショップってどこにあるかご存知ですか?神奈川県は都築区になりますが、センター北駅にある、「ジーユー港北ノースポ...
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする