Aloft San Francisco Airport(アロフトサンフランシスコエポート)の感想・評価を伝えたい

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

出張にてサンフランシスコに訪問しました。

私、普段はIHGを積極的に利用をしているところではありますが、上司の都合により、サンフランシスコでのお宿はSPGグループの aloft になりました。日本にはない、 aloft(アロフト)の様子をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

サンフランシスコ空港(SFO)からはすぐなAloft San Francisco Airport(アロフトサンフランシスコエポート)

こんな感じです。サンフランシスコ国際空港(SFO)からだいたい10分くらいでしょうか。

今回はレンタカーを借りて行きました。

101という、とっても大きな無料の高速道路を利用します。

交通量がものすごく多く、運転が荒い人も多い上に流れも速いといういきなり左ハンドルを運転するには勇気がいるところではあります。私は仕方なく運転をしていましたが、一般的にはuberなどの利用が便利だと思います。

隣は同じくSPGグループの Westin (ウェスティン)があります。

私のような庶民は利用したことはありませんが、同行したお偉さんがいうにはルームサービスはこの Westin のルームサービスを利用可能だそうですよね。

全体的に非常にカジュアルなホテルです。

ロビーも広々とそして、ビビッドな感じです。バーと一緒に提供されています。若者受けでしょうか、私のような40手前の完成だとちょっとやり過ぎかなと言う印象です。

チェックイン時には同行した上司のおかげか、SPGからダイレクトに予約しからか、ポイントか朝食かを聞かれて朝食券と渡されました。

$9くらいのブレックファーストパックがタダなのと、コーヒーマシン券が5枚ほど。

2泊の滞在でなぜ、こんなにコーヒー券が配られたかはちょっと謎なところです。コーヒー以外にもホットチョコレートだったり、紅茶だったりも飲める感じです。

エレベータも暗い中でこんなデザインが施されていました。改めて、かなり若者を意識しているのでしょうか。ほんと落ち着かない。

エレベータの床もなんか液体が仕込まれている床になっています。この感じは面白いと言えば面白いですが、、、うーん。

部屋は快適なキングサイズベッドな aloft

お部屋のはこんな感じです。

だいぶ光が取り入れられていた明るい感じ。

101側と空港側があり、常連な同僚がいうには空港側はだいぶうるさいとのこと。私は101側だったので全く気になりませんでした。個人的には空港側の方が飛行機がたくさん見れて楽しいんだろうなと思います。

エアコンの調整がちょっと難しかったなという印象ではありますが、ここは日本のビジネスホテルで培った、乾燥対策で乗り切りました。

案の定、朝にはエアコンの吹き出し口の上に置いていたタオルはカラカラに乾いていたくらいには乾燥していたので、要注意ですね。

ベッドはとっても快適なキングサイズのベッドでした。枕も4つ抱き枕も2つといういい感じのクッションまみれになれるベッド。海外の方はこういうシチュエーションが好きなのかしら。

とっても快適です。

水回り。シャワールームが暗いのですが、これ以上の電気はなく、正直暗いところでシャワーを浴びていました。シャワーの水圧も高いとはいえない微妙な水圧。アメリカというお国柄しょうがないのかなと諦めたところ。広さは本当に広くて快適何ですが、どうも物足りない部分もあったり。

トイレの水の補給が一回うまく動かず、近くにあったゴミ箱に水を貯めてからトイレのタンクに水を自ら入れると言うちょっとした手間も受けました。

コーヒーベンダーやお水はこんな感じです。アイスペールがプラスチックなのと、洗面台にあるコップもプラスチックだったりして、何と言うか高級感からはだいぶ遠いなと言う印象のホテルでした。

朝食券でもいただけるご飯なこんな感じでした。上からの写真だと全然わかりませんが、大量のポテトにチーズをこれまた大量にかけてベーコンと、半熟卵が乗せられているものといった感じの食べ物です。量はだいたい、日清のカップラーメンひとつ分くらい。

カロリーは相当高いことが想像できますね。一人での行動ではなく、私が最も若く、かつ下っ端の旅だったので、ランチ、ディナーもたくさん食べるシチュエーションだったにも関わらず食べるようなものではなかったと後悔です。まずくはないんですけどね。ホテルビュッフェなどとはだいぶ違うと言うことは伝わるかなと思います。

Aloft San Francisco Airport(アロフトサンフランシスコエポート)の宿泊まとめ

サンフランシスコはホテル代が高いということも一般的に言われています。

こんな感じで一泊30,000円と考えると正直がっかり感があるかなといったところです。

タイミングによっては50,000円を超えてきたりもする、「aloft」。

もちろん過ごすだけでしたら、十分快適で、場所も便利。SPGユーザならここもいいかなと思います。ただ、IHG派な私にとっては、これだったらもっと安く、ホリデイインの方がいいかというのが率直な感想でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください*

2018年IHG修行をするゾ!と決めたので、IHGホテルの会員資格IHGRewardsClubと修行内容をまとめておきたいと思います。 ...
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする