ドイツの歴史を堪能できる観光都市ブレーメンを旅行写真と共に伝えたい

ブレーメン観光を考えている方にブレーメンという街がとてもヨーロッパ情緒を感じられる素敵な観光ができる街であるということを写真を交えて紹介をしていきたいと思います。

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。

先日ドイツは完全にお仕事で行ってきたので、あまり自由な時間は取れませんでしたが、お客さんと一緒という100%自由ではない環境ではありつつもブレーメンの街を回ってこれたので、ちょっとした旅行記的に書いてみたいと思います。

*どこにも書いてないけど、ブレーメン駅です*

スポンサーリンク

ブレーメンは結構小さな街だけど、観光にぴったりなヨーロッパを感じられる素敵な街だった

ブレーメンで思い浮かべることは何でしょうか?サッカーが好きな方はブンデスリーガの「ヴェルダー・ブレーメン」を思い浮かべるかもしれませんが、一般的には「ブレーメンの音楽隊」ですかね。ブレーメンは「メルヘン街道」というグリム童話のゆかりの地を巡る街道の終点として観光都市になっていると思います。

私がドイツで訪れたことがある都市はこのブレーメンと、ハノーファという都市だけなのですが、圧倒的にブレーメンの方がより、ヨーロッパな印象でした。

メインの街の広さはこのくらいです。上の方が駅、二つの橋を渡った先の中洲になっている部分が主な観光名所が集まっているところだと思います。

f:id:demekingyobachi:20170430233320p:plain

ちょうど、朝軽くジョギングをしましたがだいたい5kmくらいで観光名所の外側をぐるっと回れる感じだと思います。観光自体はランチも含めて2.5時間くらいでした。

f:id:demekingyobachi:20170430233641j:plain

*ちょっとした街角のスーパーみたいなところも色使いがビビっトでヨーロッパぽい感じを受けます。*

ブレーメンの観光のメインはマルクト広場!写真が映える!

f:id:demekingyobachi:20170430234035p:plain

この日は金曜日でしたが、大道芸的な人が3人ほどいらっしゃいました。おっきいしゃぼん玉を飛ばしている方がいてGJ!な感じで、子供達も大変喜んでいました。

f:id:demekingyobachi:20170430234220j:plain

14:00時くらいには店を畳んでいましたがマーケットなども出ていて良いものでした。

f:id:demekingyobachi:20170430234922p:plain

日本のかわいいお菓子などとは、色使いの感性がだいぶ違うんですよね。

f:id:demekingyobachi:20170430234441j:plain

あと、こんなカップルいました。親族?っぽい方が少しいただけなので、記念撮影だけっていう感じかな。ちょうど、鐘もなったりしていい感じ。。。

f:id:demekingyobachi:20170430235531j:plain

あとは、こんな銅像とか、

f:id:demekingyobachi:20170430235536j:plainこんな銅像などが市庁舎周りにはそこかしこにあってこれまた味がありますね。

マルケト広場以外にも当たり前のように銅像はありますがやはりこの辺りが特にかっこいいと思いました。

あとは、何と言ってもブレーメンといえば音楽隊。

こちらがやはり人を集めるものになっています。大きさは小さいのですが、愛されていることがよくわかりますね。ロバの足や鼻が金色なのはみんなが触って本来の色が出てきたためと聞きました。

可愛らしくてとてもよろしい。この像の前には人が常にいるので、この角度で撮るにはある程度積極的に行く必要がありますよ。

ブレーメンに旅行に来たなら絶対に中に入るといいと思う!聖ペトリ大聖堂

「ヨーロッパに行くと大聖堂がある」と同僚が行っていました。とても歴史を感じることのできる建物で、日本では絶対にお目にかかれない迫力のようなものがあります。ブレーメンの場合は聖ペトリ大聖堂がそれに当たります。

f:id:demekingyobachi:20170501210116j:plain

外観はこんな感じですね。壮大な二本の塔の存在感が半端ないです。

f:id:demekingyobachi:20170501212718j:plain

中に入って、息をのみました。私の写真の腕ではどうしてもいい感じにならないのですが、歴史の重みを感じる作りと、空間です。

f:id:demekingyobachi:20170501212326j:plain

大聖堂的なステンドグラスも荘厳です。

f:id:demekingyobachi:20170501212339j:plain

シャンデリアもなかなか。

f:id:demekingyobachi:20170501212501j:plain

祭壇にはイエスが祀られ、晩餐の準備がされています。

f:id:demekingyobachi:20170501212930j:plain

訪問した方は50セントを寄付して、キャンドルに火を灯して置いていくようです。

f:id:demekingyobachi:20170501213057j:plain

また、ちょうどいる時間にパイプオルガンの演奏が始まりました。大聖堂中に重厚なパイプオルガンの音が響き渡ります。

ブレーメンはホテルに泊まってランニングをするのもオススメです

ブレーメンは中洲になっているのでぐるっと回るとちょうどいいジョギングコースなんですよね。もちろん、旅行に靴とかを持ってくるのも面倒だとは思いますが、ちょっとした街並みが日本人の感性をくすぐってくるんです。

色使いが日本とは違うんですよね。街の風景がヨーロッパだから当たり前だけど、すっごいヨーロピアンテイストなか、一つ一つのものがおしゃれ感がある、これは、ハノーファやフランクフルトでは感じることはなかなかできない、ものでだと思います。

f:id:demekingyobachi:20170501214319j:plain

f:id:demekingyobachi:20170501214230j:plain

f:id:demekingyobachi:20170501214241j:plain

f:id:demekingyobachi:20170501214601j:plain

f:id:demekingyobachi:20170501214614j:plain

f:id:demekingyobachi:20170501214628j:plain

街自体はそこまで広いものでもないですし、何日も観光で滞在するような街ではないかもしれません。ただ、1日ゆっくりとお散歩をするようなそんな贅沢な時間の使い方がブレーメンという街は向いているのではないかと思ったというお話でした。

*よろしければこちらもお立ち寄りください*

お立ち寄りいただきありがとうございます。でめさんです。 先日台湾主張に行ってきました。出張なので観光する時間は全然なかったのですが、と...
子連れでセブ島旅行・シャングリ・ラマクタン リゾート&スパでどう過ごすか!?を旅行記として具体的に書きました。お立ち寄り頂きありがとうござい...

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

コメント

  1. FlyingBunny より:

    かわいい!かわいい!
    シャボン玉の写真もウエディングの写真も、輝かしくてメルヘンです(〃ω〃)
    好みすぎ・・・